子どもたちが生涯忘れない、35の大切なこと

子育てには、迷うことがたくさんあります。

ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子どもに伝えていきたい35の学び、についてご紹介したいと思います。

01.認めてもらうこと

9b4f62f5b260fba3d0812693c7a942fe1c1a7648

自分が肯定された言葉を、子どもは生涯忘れないものです。ちゃんとあなたのこと認めているよ、ということを伝えるようにしましょう。

02.専門技術の大切さ

世界はグローバルに繫がるようになりました。そんな中で求められるのは、不可能を可能にする高い専門技術を持った人材なのです。

03.挑戦する心

目標は高く、大きな夢を思い描きましょう。そうすれば、想像もしなかったたくさんのことを成し遂げてくれるはずです。

04.思いやりと正義感

人生は平等ではありません。だからこそ、何か間違ったことや不公平を正そうと思う気持ちは大切なのです。

05.足るを知ること

B441a4f6ac0a1229cb4e227a329d2b9a1fdc1d10

欲望に限りはありません。今あるもので満足できるように工夫する心構えこそ、幸せへの道なのです。

06.飽くなき好奇心

子どもはなんでも「どうして?」と聞きたがります。その疑問を押さえつけてはいけません。

07.決意をすること

意志なくして成功はありえません。人生には、重要な決断を迫られることが何度もあります。そのときのために、自分で何かを決めることに慣れておきましょう。

08.守るべきルール

子どもは教わらなければ、正しいことと間違ったことの違いがわかりません。ただ、頭ごなしにダメというのではなく、どうしてそういうルールがあるのかを教えましょう。

09.勇気を持つこと

言葉は大きな力を持っています。あなたが何気なく放った一言が、未知の世界に飛び出そうとする気概を摘み取ってしまうかもしれません。子どもの行きたい方向にそっと背中を押してあげ、見守るようにしましょう。

10.愛する人への誠実さ

D0cfd1b011bdb915e1d9d6f73641a120fc194b9b

子どもは親のすることをなんでも真似します。あなたがパートナーへの愛と敬意を常に忘れずに接していれば、子どもも将来そうすることでしょう。

11.素晴らしいものを見つける目

美しいものは、あらゆるところに溢れています。日常のなんでもないことに目を向け愛でる目があれば、世界はもっと美しいものになるのです。

12.寛容であること

自分の思い通りにいかないことがたくさんあるのが人生です。気に入らないと思っても、許せる寛容さを持つべきです。

13.嘘をつかない正直さ

正直な人は、ありのままの自分の考えを伝えるので、悩むことなく、いつも明るいでしょう。そんな大人の背中を見ていれば、子どもも自然とそうなりたいと思うものです。

14.未来への希望

未来がどうなるかは誰にもわかりません。だからこそ、これからよりよくなっていくことを信じて、努力することが大切なのです。

15.抱きしめてキスすること

Ade34247239398293d56835a0dc3ee97eba3462d

子どもが育ってくると、抱きしめてキスするなんて…と思うかもしれません。でもどんなに大きくなったって、親からの愛は必要なのです。

16.未知なるものへの想像力

世界はどんどん変化していき、人生は思ってもみなかったことの連続です。想像力だけが、未知なるものが押し寄せるこの世界で生きて行くための便りなのです。

17.自分を見つめ直すこと

毎日子育てに追われていると、目の前のことをやるだけで手いっぱいになりがちです。でも自分がどんな親になりたいのか、ときどき立ち止まって考えるようにしましょう。自分を見つめてこうありたいという目標をはっきりさせておけば、子どもも同じようにするものです。

18.膝の上でのコミュニケーション

本を読んだり、話をしたり。膝の上は、お互いの絆を深める最高の場所なのです。しかも、いつでもすぐそこにありますからね。

19.生涯を通じて学び続けること

単にいい成績を取ることだけが、学びではありません。人は生涯を通じて成長していくんだということを、身をもって示してあげましょう。

20.愛の大切さ

22cb37b5c083dd70ee3b4b389c5ee9d53d621f08

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、やっぱり大切ですよね。

21.いっしょにする食事

食事は単なる栄養補給ではありません。いっしょに食卓について、お互いの顔を見て話しながらごはんを食べることにはかけがえのない価値があるのです。

22.自然との触れ合い

部屋をちゃんと片付けなさい、と子どもにいつも言っていますよね。部屋の外に広がる地球の大自然についても、同じにすべきではないでしょうか。

23.挑戦するチャンス

子どもには、自分の可能性を試す機会が必要です。興味があって一生懸命やっていることがあったら、後押ししてあげましょう。

24.楽観的に物事を見ること

後ろ向きな考えをしていては、世界を変えることはできません。前向きに、未来を信じることを教えてあげましょう。

25.平和を愛する心

4bcbccfe9df4fc4eae667f5e023397370e36e925

世界平和なんて手にあまる、と思うかもしれません。身近な人との間に平和を保つことからはじめればいいのです。

26.自分に誇りを持つこと

小さな達成も、大きな達成も、たくさん褒めてあげましょう。

27.失敗すること

どんなに生意気でも、子どもは子ども。失敗もします。大切なのは、失敗から学べるよう、忍耐強く接してあげることです。

28.揺るぎない自信

何事にも、絶対に大丈夫なんてことはありません。だから自信というのは、そもそも根拠のないものなのです。あなたが声をかけてあげることで子どもの中に育った自信は、生涯消えることなく、支え続けてくれるでしょう。

29.ユーモアのセンス

笑いは緊張を解き、気持ちを前向きにしてくれるもの。他人を攻撃するような笑いではなく、ウィットに富んだ上品な笑いを教えてあげましょう。

30.直観を大切にすること

15c186f12a10feb4443389c2099da10173e92a69

論理的に考えて出した結論が、いつも正しいとは限りません。直観とはでたらめではなく、無意識に集めた情報から導き出した答えなのです。

31.安定した生活

家はこれから先、子どもが育っていく上で拠り所になるもの。帰る家があるから、冒険してくることができるのです。

32.共に過ごした時間

時間は全ての人に平等に与えられていますが、一度使うと絶対に取り戻すことのできないものです。そして忘れないでください。子どもの成長は、一度しかないのです。

33.ひとりの時間

だからといって、いつもいっしょというわけにはいきません。子離れしてあげることも必要です。

34.自分は世界にひとりしかいないということ

他の人と違うところは、個性を際立たせる長所です。自分だけの才能を伸ばしてあげましょう。

35.「おかえり」という言葉

Fe523d9d55b0d3c8468d9fa88605c322d277df09

子どもが帰る場所は、あなたの元だけです。いずれ巣立っていきますが、そのときまでは「おかえり」と愛を込めて言ってあげましょう。

Licensed material used with permission by becoming minimalist
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...