「捨てる」ではなく、「減らす」ことでしあわせを見つける方法

日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がストレスになってしまうことも…。そこで行動を「減らす」というソフトな方法はどうでしょうか。

起業家のマーク・アンジェロ・コッポラさんがまとめた「Collective-Evolution」の記事によれば、消費主義の影響によって、私たちは新しいガジェットを買ったり、クローゼットを衣服で埋めることで満足感を得ようとしがちです。しかし、物を「増やす」ことで豊かになるのではなく、自分の価値観や生活に必要なことを知り、不必要な行動を「減らす」選択をしましょう。

そうすればきっと、人生の選択肢はもっと豊かなものになるはずです。

01.
無意識にやっている
「小さな習慣」を見直す

Medium 7157d779f540cdbb8006f718881dca8fce1f572d

毎日、無意識にやってしまっている行動は意外と多いものです。

たとえば、何気なくチェックするSNS。習慣にしているつもりはなくても、心当たりはありませんか?友だちの投稿やニュースをチェックするには便利だし、つい見てしまいます。でもあえて立ち止まって、この行動にどれほどのコストをかけているのか、考えてみてください。これが最初のステップです。

貴重な時間を費やしてまで、本当にやりたいことなのか?問いかけてみてください。

02.
違うアクションに
置き換えてみる

SNSのチェック時間を、意識的に新しい行動に置き換えてみましょう。たとえば、友だちへ電話してみる、本を1章分だけ読む時間にあてる、20分間ウォーキングしてみる、など。

実際にやってみれば分かると思いますが、これらに置き換えたところで、あなたの生活は何ひとつ犠牲になることはないでしょう。むしろ、より「実感」のあるライフスタイルを味わえるはず。

03.
「口にするもの」を
見直してみる

Medium f8f26e51c6cb4e02eabc34bedb0df84118147da8

食べることは、本能のひとつです。口にするものを変えることで、人生は変化していきます。

たとえば、いつも食べている物がどこから来ているのか、と考えたことはありますか?加工食品や有名チェーン、色々な選択肢がありますが、これからは地元の食品や個人レストランを選んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、すでに健康に気をつかい、色々なところから食品を取り寄せているのかもしれません。でも、地産地消の価値について、もう一度考えてみてください。

たとえば、地元のビジネスオーナーと知り合いになって、新しいコミュニティをつくることができるかもしれません。社会的、環境的、健康的にも意味があるのではないでしょうか。

04.
モノもスペースも
無駄をなくす

クローゼットのなかには、どれくらいの服が入っていますか?

まったく着ない服があるのなら、それは不必要かもしれません。慈善団体などに寄付するという選択肢もあります。そして服を減らした分、クローゼットのスペースは空きます。

一見、無意味な行動のように思えるかもしれませんが、実際にやってみると「持ち物」が少ないほど自由が利く、ということが分かるでしょう。

05.
オフラインになる時間を
大切に

Medium d6ca99b58ed3fb845c535c9a8fb590d198d063e5

ここまで来たらスマホやノートPCの使用をやめてしまいましょう。…というのは冗談ですが、キッパリと絶つのではなく、自分がどれほどの時間をそれに費やしているのか、きちんと把握しましょう。そして、使用時間の制限を検討してみてください。週に1〜2時間からでもいいかもしれません。

こう考えてみましょう。オンラインで楽しめるものは、どれだけ離れても逃げたりしません。つねにそこにあって、いつでも楽しめるものなのです。

重要なのは、オフラインの間も自分は自分である、ということ。自分自身を見直すことで、他にやりたいことが見つかるかもしれません。

毎日、ディスプレイの前に座って過ごす1時間を、いったい何に使いましょう?1年もあれば、1冊の本が書けるかもしれないし、新しい言語を学ぶことだってできるかもしれません。その可能性は、無限大なのです。

Licensed material used with permission by Collective-Evolution
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
誰だって、しあわせになりたいはずです。なのに、いつも「不幸」を感じている人は、感情のコントロールが苦手なのかもしれません。「Elite Daily」では、...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...