ペンギンを守るため、「専用トンネル」ができた!

ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少。

そこでオアマルの人たちが取り組んだのは、人とペンギンが共生するための「トンネル作り」でした。

ペンギンが減った原因は
「観光客やクルマ」

Medium 6bd6f28a6a1a9f0d10620837267081d39c5e53b9

Photo:Oamaru Blue Penguin Colony

体長約30cm、体重は1kgほどの、世界一小さなブルーペンギンは、昼は海で狩りをし、日が落ちると群れでヒナの待つ陸地のコロニーへ帰ってきます。

オアマルのペンギンたちは交通量の多いハイウェイを通らなければならず、車のまぶしいライトに目をやられる可能性や、事故に遭う可能性が高かったそう。

また、ペンギンパレードを観察しようと、夜の道路で待ち構える観光客も問題になっていました。その物音やカメラのフラッシュが、ペンギンたちにとってかなりのストレスになっていたのです。

そこで「ペンギン専用のトンネル」が考案されたのでした。

トンネルのために
電線や水道管も移設

Medium d749fce9ccd488f5dc9a30ffd1a2c4bec516cac7

Photo:Oamaru Blue Penguin Colony

ペンギン専用のトンネルは、全長25mにも及びます。元々、このトンネルはペンギン保護センターのいち海洋生物学者が提案したものですが、オアマルの行政や観光団体、地元企業などが協力し合ったプロジェクトにまで発展。

なんと、電線や水道管のインフラ設備さえもトンネル設置のために移動させたそう。

今年の9月に開通したこのトンネルは、危険だったハイウェイの下を通すことで、海とペンギンのコロニーを繋いたのです。

当初、地域住民からは
不安の声も

Medium 89dd4761f8479a526ac52a8f6ba6af66463fc91b

Photo:Oamaru Blue Penguin Colony

トンネル設置後の経過は順調で、毎晩十数匹の群れがトンネルを渡って、コロニーに帰る姿が観察されています。

ペンギンには、一度安全だと判断できた道を習慣的に利用する習性があるそうです。

このプロジェクトに対して、地域の人々からは賛成の声が上がる一方、トンネルやペンギン誘導のフェンスによって、そのかわいい姿が観察できなくなるのでは?という不安の声もありました。

不安を訴えていた住民の人々も、トンネル入り口のカメラの映像や、安全に巣へと戻ったペンギンたちの姿を見て、ほっとしていることでしょう。観光客も以前と同様、決められた場所から特別な照明を当てられたペンギンのコロニーを観察することができるとのこと。

生き物と人の共生
そしてツーリズムも守られた

Medium 3cacc20d219d9436ac43e30d6fd5e0e17771f320

Photo:Oamaru Blue Penguin Colony

ニュージーランドは今後、地域住民との共生を図りながら、ペンギンたちの数を増やしていく方法を模索していくそう。

自然環境の保護と地元の人々との共生、さらにツーリズムを両立させたオアマルの事例は、今後のブルーペンギンの保護活動のモデルケースとなるかもしれません。

Licensed material used with permission by Tourism Waitaki
オーストラリア南西部の老人施設に暮らす、Alfred "Alfie" Dateさん109歳。オーストラリア最高齢としても有名なおじいちゃんですが、もうひと...
「ペンギン系女子」という言葉を聞いたことはありますか?簡単に言えば、空を飛べない自分を素直に受け入れ、その短所を補うための努力する。言い換えれば、自然体で...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
「妻のいびきがうるさくて・・・」今、海外のインターネット掲示版で話題になっているある男性の話が興味深い。何と自宅のベッドの下に穴を堀り続け、約250m離れ...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
色鮮やかな紅葉を紹介する記事は、なぜだか京都に偏りがち。「キレイだけど、遠くて簡単には行けないし…」とお悩みの、関東在住の方も多いのではないでしょうか。今...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...