将来の蘇生を願い、14歳少女が決断した遺体の「冷凍保存」

イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを認める判決を下していた。

医学の進歩と将来の治療の可能性を信じ、自らの死後のあり方を示した少女の死から、私たちは何を感じることができるだろう。

未来に生きるチャンスに賭けた
末期がんの少女の願い

プライバシーの観点から、“JS”という通り名でしか知りうることのできないその少女の訴えをめぐって、裁判所で争われたのは「遺体の冷凍保存」の是非。

JSの両親はすでに離婚しており、ともに暮らしていた母親は娘の希望に同意していたが、8年間会っていない父親は反対の立場を示していた。争点は、「自分(JS)が亡くなった後の遺体をどうするかの権利が誰にあるのか」。少女はそれを母親に与えるよう求めて提訴していた。

The Telegraph」の記事によれば、彼女は病床で書き上げた手紙を託し、裁判官にこう訴えたという。

「私だって死にたくなんかありません。だけど、それが近づいていることは自分でも分かっています。もっと長く生きたいんです…だから、このチャンスを私にください」。

そして、判決はJSの訴えを認めるものに。

死ぬ権利を勝ち取った14歳の少女は、判決の結果を聞いたわずか数時間後、静かに息を引き取ったそうだ。

本当の勝者とは誰だったのか?

「判決後に死亡した14歳の少女は、数百年後のよみがえりを期待している」
──The Telegraph
「英ティーンエイジャーが自分の死を勝ち取った」
──CNN
「少女は冷凍保存で治療困難ながんに立ち向かおうとしている」
──Women's Health

14歳のドラスティックな行動と、冷凍保存を認める異例の判決に、メディアは大きくこれを報じた。意見は様々だ。

冷凍保存の是非ではなく家族の論争に焦点をあて、審理をしたという裁判所。だが、JSの主治医は、判決後から彼女の死までの準備期間やプロセスが、必ずしも周到でなかったことに懸念を示している。

また、「生き返りに科学的根拠はない」とする医療専門家もいる。さらには、一部団体から倫理的、道徳的な疑問が投げかけられていることも事実。

それでも、数ヶ月前から病床でネットを通じて遺体の冷凍保存について独自に調べ、権利を主張し、それを勝ち取ったJSの生き方と、彼女の訴えに同調した家族の決断を単なるドラマティックな物語として片付けられるとは思えない。

本当の勝者とは、いったい誰なんだろう?

テクノロジーの発展、医療の進化、よみがえり、少女の「訴え」と「死」は、私たちがどう生き、どう死んでいくかを自ら選択できる時代に突入している事実だけを強く実感させられたにすぎないのかもしれない。

「200年後、また会おうね!」
生前の希望通り遺体を冷凍保存。

 さて、ロンドン病院は心配停止後、彼女をすぐさま冷凍保存。生前の希望通り、JSが亡くなってから8日後の10月25日、遺体はミシガンにある「Cryonics Institute」に輸送され、現在、温度管理された保管室で眠っている。未来に託し、施設に入所した143番目の遺体だと「CNN」は伝えている。

お別れだけど、200年後にまた会おうね」、それがJSが親族に残した最期の言葉だったそうだ。

 

秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
もはや、自分のような素人にはよく分かりません。しかし、彼の作品がとんでもない高値で取り引きされている事実があります。きっと、分かる人には分かるのでしょう…...