今年も一年ありがとうございます。手ぬぐいを使った、すてきな贈りもの。

今年も一年ありがとうございます。毎年、寒さが増してくると、大切な人に感謝の気持ちをお伝えしたくなります。いつもお世話になっている方や、なかなか会えなくても、遠いところで見守ってくださるあの方へ。好みの手ぬぐいを用意して、贈り物を包んでみてください。大切なのは、心をこめることです。およばれが増える時期でもあります。受け取った方が、思わずにっこり微笑んでしまう、冬の贈りものはいかがでしょうか。

今すぐ使ってみたい!
こんなに便利な手ぬぐい。

Medium 46679511bdef498408fee257565afd5f078feb45

手ぬぐいには、たくさんのすてきな絵柄が揃っています。もともと反物(たんもの)を切って作られているので、端は切りっぱなしになっています。縫い目のない生地は、洗っても乾きが早く、ホコリがたまらないので、とても衛生的です。ほつれるのが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハサミで糸を切るのは、使いはじめのうち。端から約3〜5ミリのところで自然にほつれなくなります。

Medium f88d968609f411b2a86f9a103cfd835ed7037f4f

はじめのうちはハンカチやタオルのように使っていくとよいでしょう。切れ端がくたびれてきたり、少し破れてきたら、使いやすい大きさに切ってフキンとして使うと便利です。力仕事をするときに首に巻いておけば汗を吸収してくれますし、寒い時には、防寒具にもなります。眠る前に乾燥が気になったら、濡らして、ハンガーにかけて、ベッドサイドに吊るしておけば、喉がしっとりします。使い込むうちに、しなやかになって、より使い心地がよくなります。まずは、お近くの雑貨屋さんなどで、一枚、好みのものを手に入れて使ってみましょう。

お世話になっているあの方へ。
こんな気の利いた贈り物はいかが?

Medium 0c1dcb511fcc1e418ffc334a05b51644feef72af

日本には、古くから「包む」という文化があります。現在も、何かを差し上げる場面では、むき出しではなく、布や紙に包んでからという習わしが深く根づいています。たとえば、美味しい日本酒やワインなどを差し上げるとき。手ぬぐいの柄を生かして包めば、目にも楽しく、ほどいたあとも、日常で使える、すてきな贈り物になります。差し上げる相手を思いながら、ひと手間かけて包みましょう。

Medium 780b63fb4f48a92944fd97894b78fc358eafa720Medium d86a96aee823fcc648545689e03a481cd45a1abfMedium c0e107f51fceedad7d353d005dc545ad7171ccd4

手ぬぐいの上にビンを寝かせ、ビンの底が、しっかり包める位置に置きます。端を折って、底を覆い、そのままビンを転がすようにして、手ぬぐいを巻きつけていきます。机の上で行うとやりやすいです。

Medium 44ea0b13f78678bf49da9596e9cf4d0215fa7277Medium 29a3d8b9bdb3004c523f8bce2460c0ad52caa18aMedium 971e24b64e266ca6a2d7e5fea3b6fa4e5c55dff6Medium af8f7036cc6f79fd5942bfda932b0698d81c920e

ビンの胴部分をしっかり押さえながら立てて、残りの部分をしっかりねじっていきます。ねじったまま、ビンの首に巻きつけ、巻いた布の下から端を通して、キュッと閉めたら出来上がりです。はじめのうちは、手の動かし方が慣れないかもしれませんが、繰り返すうちに美しく仕上がるようになります。

心あたたまる、たいせつな一冊を。
畳むだけで出来上がるブックカバー。

Medium e003ba603e1a6f52606d79e8f6638490ecbed6b3

お気に入りの1冊を、あの方にも贈りたい。紙のカバーでなく、お気に入りの手ぬぐいで包めば、その本の内容と一緒に、あたたかい心づかいも贈れる気がします。まず、手ぬぐいを三つ折りにして、上下を、文庫本と同じ幅に折り畳むことから始めます。

Medium af19a55f35ec146ce86e857bb5b91db13b8d0b3fMedium efc200a49cb0051f192a768368ad8f389a177c8bMedium 9a6f38602b709790a91945c89b50c8e459bc682e

文庫の背が、折りたたんだ手ぬぐいの真ん中にあたるように、位置を確認します。片側のそでの部分に折り目をつけまたら、文庫のカバーを差し込みます。

Medium e4fb9937b217db0e7b60b4eac22beec6ec9719e6Medium fad0217c8be6239cd77f6983a34a8394a394f205Medium 7e693d742f5f7cb830019a19ef7df44ce826e80f

同様に、もう片方のそでを折り、文庫のカバーを差し込みます。さいご、手でしっかりならして出来上がりです。

いつもの食卓を少しだけ華やかに。
おもてなしのテーブルコーディネイト。

こんなにかんたんなの?と驚かれるかもしれませんが、たとえば、手ぬぐいをふたつに折りたたむだけで、立派なテーブルマットが出来上がります。お客さまをおもてなしする日は、普段なかなか手に取らない絵柄を選んでみるのがおすすめです。あっという間に食卓が鮮やかになります。

Medium 986fd42816f1aeb6478d47d5703e7bcda251766bMedium 365ef19335753a69c8d86b8766b9add4a3d656fc

たとえば、箸置きの代わりに、縁起の良いモチーフが描かれた手塩皿にお箸をのせると、手ぬぐいと皿の絵柄が重なり、楽しいストーリーとなって浮かび上がります。美味しい料理が運ばれてくるのを、わくわくしながら待つゲストの気持ちになって、組み合わせを楽しんでみましょう。

Licensed material used with permission by 株式会社かまわぬ
お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に「かまわぬ」のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
帰省したり、久しぶりに友人と集まる年末年始は、贈りものをするのにぴったりのシーズンです。日本でつくられているものや、ちょっとした驚きのあるユニークなものな...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
空気が澄んでいる秋から冬にかけては、夜空がとても美しい季節。輝く星を眺めていると、つい手を伸ばしてつかみたくなってしまいます。残念ながら、そんなことはもち...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...