【読んでもらいたい vol.2】有名シェフに教わる、玉子を使った楽しいレシピ集

玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただけます。玉子の多彩ぶりを褒め称える本は世の中にたくさんありますが、玉子を食べることが大好き!というシンプルな気持ちひとつで書かれたものは、『How to Boil an Egg』くらいではないでしょうか。

25acbb94183aaebf492f3c755ba99d4f93e55d4c

著者のローズ・カッラリーニは、パリで大人気のベーカリーレストラン『ローズベーカリー』の経営者であり、シェフを務めています。本のなかで、ローズは、玉子を食べると、それだけでいつでも、しあわせな感覚に包まれると言っています。そんな玉子愛に満ち溢れたレシピより、お店の定番メニューであり、シンプルで栄養満点の「エッグベネディクト」をご紹介しましょう。ポーチドエッグが上手に作れたら、出来たも同然です。オランデーズソースをかけなくても、十分、美味しくいただけます。お休みの日のランチに、ぜひお試しください。

とろける玉子と一緒に味わう、
エッグベネディクトを作りましょう。

はじめにオランデーズソースから。

328c895b0b4ab2732990252068d2cf574c5ea4cb

材料(作りやすい分量)
卵黄…6こ分
水…大サジ4杯
白ワインビネガー…大サジ4杯
バター…500グラム
レモン汁…適量
塩、黒コショー…ひとつまみ

作り方
1 バターは室温に戻し、溶かしておきます。
2 鍋に、水、ビネガー、塩、黒コショーを入れ、火をつけます。
3 2/3の分量になるまで煮詰めたら、火からおろし、卵黄を加えて、よく混ぜます。
4 ふたたび、弱火にかけ、バターを少しずつ加えていきます。
5 味を見ながら塩、黒コショー(分量外)をし、足りなければ、レモン汁を数滴加えます。
6 裏ごしして、ボウルに移し、保温して出来上がりです。
※オランデーズソースは、粗熱を取ってから、使いましょう。ほんのり温かい状態を保つようにするのが、ポイントです。

ポーチドエッグをのせましょう。

Decea689dbfd701333f4f7e91573cf6c7fb4e6d9

材料(2人分)
スライスしたブリオッシュ…2枚
ハム(もしくは、焼いたベーコン)…4枚
玉子…4コ
オランデーズソース…適量

作り方
1 ポーチドエッグを作ります。玉子を割ったら、ザルでこしておきます。ナベに、水1リットル、酢大サジ2杯、塩小サジ1/2杯を入れ、沸騰させます。グツグツしてきたら、中火にし、箸でくるくる湯を混ぜて、渦を作ります。
2 お玉に玉子をのせ、鍋の中に、静かに浸します。フォークで白身を寄せ集め、黄身を包み込むように、白身をまとめていきます。白身に透明部分がなくなったら、すぐに穴じゃくしなどですくい上げ、底にキッチンペーパーをあて、余分な水気を取ります。
3 ブリオッシュの両面を焼き、お皿に載せます。
4 それぞれにハム、もしくは、焼いたベーコンを同量ずつ載せます。
5 崩れないようにポーチドエッグをのせ、オランデーズソースを上からかけて、すぐにいただきましょう。

パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本です。...
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプ...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...