自分が口にする言葉を大切に。言い訳をしない「生き方」って?

「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い訳」だからです。

まずは言い訳をやめることで、あなたの人生をもっと素晴らしいものに変えていくことができるのです。自分が口にする言葉に無頓着になっていませんか? 「言い訳しない生き方」をするためのポイントをまとめてみました。

言い訳をしているうちは
変わらない

E199cd520a9090e2bfe986388d7afe52b74a470d

言い訳をすることが癖になっている人は、どうすれば良いのでしょうか。そんな人は、言い訳の代わりに、「じゃあ、どうやったら解決できるのかな?」と考えるようにしてみましょう。すると潜在意識も変わって、物事をプラスにするための答えを探すようになります。ちょうど、神経伝達回路であるシナプスの向きを自分で調整するようなイメージです。

何も考えずにいると状況に流されてしまいがちですが、言い訳しないように意識することで、今ある目の前の状況の中で、もっともポジティブな選択ができるようになります。その結果、やれることが一気に増えるのです。

こういうマインドは、毎日の習慣で身につけるもの。何年かかかりますが、日々の積み重ねで確実に変えていくことができます。

妄想で突っ走れる人が
成功する理由

26e4b8df22c32c4af1f9605ee5741a1ad7c34e86

「自分を変えたいのに変われないんです」と言う人がいます。そういう人たちがいつまでたっても変われないのは、ずばり「イメージ力が足りないから」だと思います。変わりたいというモチベーションを支えるのは、イメージ力です。妄想が膨らむと行動は自然に促されて、迷ったり不安になる暇もありません。

このイメージ力は、日々のトレーニングで身につけることができます。映画を見たとき、「主人公が自分だったら…」と現実に置き換えてイメージするのです。映画が終わった途端、「どうせフィクションだし」と日常に戻ってしまいますが、「どうせ○○だし」という言葉こそが言い訳です。イメージし続けて、訓練してください。

そもそも、成功している人は常に未来をイメージしています。妄想が得意で、その状態をイメージしたまま行動しているのです。なりたい自分になるには、今の視点ではなく、「すでにそうなっている自分」という未来の視点から、すべての物事を見るようにすると良いでしょう。すると、発言も振る舞いも変わり、結果も変わります。

「○○だからできない」という
思い込みを疑う

「やりたい仕事があるけれど、結婚や出産時期を逃したくない」という悩みが女性にはあります。確かにその気持ちも分かりますが、この心配は、「結婚や出産は、仕事の障害になる」という発想からくるもので、その根底には“両立するのが難しい”という思い込みがあるのではないでしょうか。まずはそのことに自分で気づいてください。

「○○だから難しい」とできない理由を考えているとき、ふと我にかえって「これは思い込みかも」と疑ってみると、すべてがただの言い訳だなと気づきます。

というよりも、実は本気でそれがしたいと思ってはいないのではないでしょうか。人は変わることを恐れる生き物です。本能的には、変化よりも安定を求めてしまうもの。意識から変えないと、人は変われません。言い訳がなくなると、自分の可能性が広がるし、楽しくラクに生きていけるようになりますよ。

つねに真っ白な
キャンパスを!

11e38401e3d2baead4ea35f8d3093b699cee60ec

「私って昔からこうだから」「私っていつもそうなんだよね」

これらはすべて、過去の自分のパターンから“自分はこう”と決めつけている状態です。過去の延長線上に今や未来があると思い込んでいるのです。この考えは良い場合と悪い場合があります。

コツコツ努力してきた過去が、今をつくり、未来の夢につながる場合や、過去の良い習慣が今の自分のマインドや行動を作ることに繋がっているのは良い例です。

悪い場合は、過去に失敗した経験から、きっと未来もうまくいくはずないと思ったり、昔に言われて嫌だったことがずっとトラウマになって心から消えないパターンです。この悪いパターンを自分がしているなと気づいたら、今すぐ手放しましょう。

過去への執着を手放せば、誰だって未来のチャンスを手に入れることができます。それなのに多くの人は、どうしてもこれまでの色が消せず、その上から新しい絵を描こうとしています。今を白紙と捉えましょう。そのキャンパスに未来のイメージから降りてくるものを描くことが大切です。

人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
「人は易きに流れる」とはよく言われることですが、つい自分に言い訳をして楽な選択をしがちですよね。それもそのはず。“できる理由”よりも“できない理由”を探す...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
「やろう」と思ってもなかなか実行に移せないのは、いきなり「やる気→行動」にもっていこうとするから。「最初の踏み込み」の部分がないため、くじけてしまうのです...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
何かとくべつ疲れることをしたわけでもないのに、なんだか毎日ヘトヘト。本当はいろいろ趣味にも精を出したいのに、たまの休日はそれどころではなく寝てばかり。そん...