いつまでもクヨクヨしない「自信のつけ方」

マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持てるのでしょうか?

ここでは、今までのライフスタイルがポジティブに変わる「気づき」についてお話ししたいと思います。自分の人生を変えるのはあなた次第。クヨクヨするのはもうやめましょう。

小さなことで悩まない
「自信のつけ方」

2830130c22c2d70f4e43df2b0c13f84201d9a78a

周囲のちょっとした言葉や態度で落ち込んでしまう人が、世の中とても多いと感じます。とくに現代の若い子はすぐに凹みます。その理由のひとつとして、SNSの普及により人と自分を比べる機会が増えてきたからだと思います。人の動向を見て焦ったり、羨んだり、不安になったり。また、人からどう思われているかを気にして動けない…。そして落ち込むんですね。

 「長谷川さんは、どうしていつも自信があるのですか?」とよく聞かれますが、自分に自信があるというより、自信のコントロールができ、「私は私」という考えをブラさないからです。他人のことを必要以上に追わないですし、自分で自分をいつも褒めるようにしているので、落ち込んでもすぐに立ち直り、また自信を取り戻せるのです。

また、周りの環境にも注意が必要です。なるべく自分のことを褒めてくれる人と一緒にいましょう。自分の足を引っ張るようなマイナス思考の人といると、なかなか自信を育んでいけません。職場など避けようのない場合は、「ふーん、そうだね」と、うまく流すようにしましょう。

周りに流されず、毎日、自分は素敵と暗示をかけることで、ポジティブになれる訓練になります。是非、試してみてください。

聞くべきアドバイスと
聞かなくていいアドバイス

D0e6a4144c58259b2264fd0365706210073f9fba

あなたがやっていることに対して、アドバイスをしてくれる人がいると思います。でも、どのアドバイスを聞くべきか迷うところですよね。私の場合は、基本的にすべてのアドバイスを一度聞き入れるスタンスで話を聞きます。先入観で最初から受けつけないということはしません。

アドバイスを取り入れることを決める基準の1つとして、自分がザワザワするものかどうかを見極めています。そのアドバイスを聞いてモヤッとしたり、「どうせ○○だから」と言い訳が出てきたら、そこに何かしら自分の執着がある証拠です。あえてそのザワザワと向き合うと、問題を解決できる鍵が見つかることがあります。だから、ザワザワがなくなるまで根気よく向き合ってみるのです。とにかくあまり難しく考えず、心の声に敏感になることを大切にしています。

今ワキワクした!ドキドキした!と感覚に目を向けることによって、あなたにとって本当に必要な本質が見えてきます。大切なのは自分のことを理解して信頼することです。あなたの心の声に、いつだって耳を傾けてあげましょう。

感情を主体的に
選択する

ネガティブな思考から抜けだしたいと必死に考える人もいるでしょう。でもシンプルに考えると、ネガティブから抜け出したければ、ポジティブなことをすれば良いだけですよね。

ネガティブとポジティブは共存できません。よって、自分の中のポジティブさを切らさずにいれば、ネガティブになることはありません。大事なのは、無理やりポジティブに舵を切るのではなく、自分のネガティブな気持ちを一度きちんと受け止めて、見て見ぬふりをしないこと。その上で「さて、この気持ちを味わいたい?それとも手放したい?」と、自問自答するのです。

どこかに旅行したり遠出するのも手です。リモコンでチャンネルを替えるように場を変えれば、マインドが一転します。成功している人たちはみんな、当たり前に場を変えながら、思考や発想を常に新しくし続けています。現状維持で良いなら、同じ場にいればいい。でも変わりたいならうだうだ言わずに場を変える。これ以上シンプルなことはありません。

切り替え上手になる

3f58749c3cc757338293cbb6c4ffe20adcd22070

多くの人が失敗にこだわりすぎています。失敗は過去のことです。焦点は未来にあてるべきなのです。小さなことに執着しているうちは未来のイメージが描けていない証拠です。そこで客観的に、失敗にこだわる自分を見つめ直してみると良いでしょう。

失敗に捉われてばかりでは、モチベーションも落ちてなかなか前に進めなくなるので、自分の中での失敗の意味づけを変えるのです。失敗を成功のためのステップと捉えて、たくさん書き出していきます。そうすると、常に軽やかな気持ちで次なる挑戦ができるようになるのです。

過去の失敗にフォーカスするのではなく、失敗を手放し、未来にアンテナを向けることで、必要なものがどんどんキャッチできるようになります。仕事のチャンス、人との出会い、自分の良いところも見えてくるので、可能性が広がりますよ!

「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
本当に自信のある人とはどんな人でしょうか? きっとあなたの周りにも自信に満ちた魅力的な人がいるでしょう。本当の自信というものは、素晴らしい習慣と努力によっ...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...