12歳の少年が、365日テディベアをつくり続けている理由。

オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。

なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プレゼントしているのです。

自分でつくれば
お金がかからない

Fd1625bdd94c7a4c3992650f838df81c832b8722

ことの始まりは約3年前、キャンベルくんが9歳のとき。彼は両親にこう言いました。

「病気で入院している子どもたちに、クリスマスプレゼントを買ってあげたい」

しかし、それにはとてもお金がかかります。

両親に断られた彼は、ゲーム機を売ってまでして、念願のミシンを購入。自分のお小遣いで材料を買ってきて、クマのぬいぐるみをつくり始めたのです。

目標は
「1日1テディベア」

Cd22b16d3f2940701422c93d4b6c4e88eb74300a

キャンベルくんはこれを「プロジェクト365」と名付け、1日1テディベアを目標にし、クリスマスになるたびに子どもたちに送っているそうです。

Facebookで写真を公開しながら3年ほど活動しているうちに、テレビにも取り上げられるようになり、この活動に賛同してくれる人も増えてきたと言います。いまでは、余った毛皮やリボンなど、材料を彼の元に寄付してくれる人も多いそうです。

B644b581f92302d9a8fb98847de264634a074713

また、キャンベルくんのつくるテディベアには市販品でなかなか手に入らないような、個性的なものが多く、それも人気の秘訣。すべてが手作りのため、世界にひとつしかありません。

Fa6fe747d8a6253415560286d276a3620da059d8

また、自分でつくったテディベアをebayを使って販売し、その売上金をがん患者のためのチャリティ活動「リレー・フォー・ライフ」にも寄付しているそうです。

Licensed material used with permission by Son Whittaker
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
アボカドの高い栄養価は、もはや誰も疑いようのないところ。だけど、「体にいいから食べる」なんて漠然とした効果を期待しているだけではありませんか?医学博士のF...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
いまや世界各地で注目されるクラフトのひとつとなった「Origami」。ユニークな作風で芸術性の高い作品を折るアーティストは大勢います。そして、ここにも「折...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
自分の誕生日会に、招待した友達が1人も来なかったというアメリカ・テキサス州に住む8歳の男の子、Graham Day君。ケーキやピザを用意して待っていたのに...