世界の建築を長時間露光撮影した「異質な写真」7枚。

建築コミュニティをネットサーフィンしていると、
あっという間に時間が過ぎる。

Googleマップで新しい場所を探しては、
現地へ足を運んで撮るーー。

と、ドイツ人フォトグラファーのトビアス。ここで紹介する写真は、1枚につき8分間ほど露光して撮影し、詳細がくっきりわかるように加工したものだそうだ。建築美を強調して見せたいと「BoredPanda」にコメント。エッジがききまくりなので、実物を見たことがある人でもきっと驚く。

ドイツ・ケルン
セントラル・モスク

Medium d11c8d2cf83bd7eb386c30f3f1e28b9a8af943c3

アメリカ・ボストン
スタタ・センター(MIT)

Medium b88508df82c75cbe935e55abb6784418b1443c50

ドイツ・ベルリン
リエージュ=ギユマン駅

Medium 74bb5260a599e23d14ec71f52764c419e4810d44

ドイツ・ベルリン
テンポドローム

Medium 4ac68feeaf41ee7dfd1f9e4cbb2aedee98624ae3

ドイツ・ベルリン
シェル・ハウス

Medium 1c1665831a3286eb631434e28e62ea270980a861

ドイツ・ベルリン
シュプレードライエック

Medium b4a09e1cdc2a29d221dc717dbd183ad39e9146df

ドイツ・デュッセンドルフ
市内

Medium 2c1988fbb026a26a63ee2f36668ad8816b20f923

ドイツ・ベルリン
市内・シュッツェン通り

Medium 7eb1aed0070f762131df64fa45a7b419225fc09b

ドイツ・ハンブルグ
シュパイヒャーシュタット(倉庫街)

Medium b1a3a7946766dd8fb450a3423c4e5dff50d07e60

オランダ・ロッテルダム
キューブ・ハウス

Medium aa5991f3ec4ce94133cbf10d92e4318ff2811e3a

オランダ・フローニンゲン
市内

Medium c4a3f177c72e8f46e8482cda23db6af24cd1ec19

その多くはドイツ付近で撮影されたもの。今後は、イタリア、イラン、スペイン、ドバイなどを訪れたいと話してくれた。旅をしながら建築や料理の写真を撮ることをライフワークにしたいのだとか。FacebookInstagramには、ほかにも魅力的な作品がたくさんある。

答え合わせはネットでカンタンにできるんだけど、できることなら実際に行って確かめてみたいものだ。

Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by Tobias Gawrisch.
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国な...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、19...