今すぐ、その仕事はやめるべき「11のサイン」

毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか、判断の迷うところです。

米・メディア「Inc.」の人気ライター、Jeff Haden氏がまとめていたのは「今すぐ仕事をやめるべき11のサイン」。今の仕事から転職するべきかどうか、迷っている人には必見です。

01.
まったく
ワクワクしない

3faea60d821d35ea2cb5832b3d11af9332a8900a

どんな仕事でもイヤなことはあるもの。大変な時期、忙しい時期もあるでしょう。しかし、それと同様に仕事には必ず、チャレンジすることの楽しさや、ワクワクする瞬間があるものです。

「これが楽しみで仕事をしている」ということがなくなってしまい、毎日辞めることだけを考えるようになったら、転職を考えましょう。

02.
上司が自分の
出世しか考えていない

管理職は、部下の仕事をマネージメントするのが仕事です。上司が自分の出世のことしか考えず、部下の手柄を横取りばかりしているようなら、辞めることを考えましょう。

有能な上司は、わざわざ部下の手柄を自分のものにしなくても、チームで成果を挙げればきちんと評価されるということを知っています。無能な上司の下で働くのは、時間の無駄だと思っていいでしょう。

03.
一度も褒められたことがない

Fa33e4f794780ac9c9b54a88904082716c6b8ea2

人間は誰しも、評価されなければやる気が出ません。仕事に対する評価を得ることで、次の仕事の質も上がります。

仕事をしていれば、どんな人でも少しは褒められる部分があるはずです。一度も褒められる仕事をしていない、などということはありえません。それは、正当に評価されていないということです。

04.
大勢の前で
責められる

失敗は誰にでもありますし、いつも完璧に仕事をこなせる人間などいません。叱られたり、注意されたりすることで成長することができます。

しかし、それは人がいないところでひっそりと行われるべきです。大勢の前で、大声でひとりを責め立てるようなやり方をする職場には、長く在籍する必要はないでしょう。

05.
機械の歯車のように
扱われている

誰しも、突き詰めればお金のために仕事をしています。会社にとって、代わりがいない人間などいません。

しかしその中でも、「この人と仕事がしたい」と思ったり、お互いを認め合って仕事をしていくことで、やりがいを見つけていくのです。

上司があなたの人間性にまったく興味をもっていないようなら、あなたはただの歯車だと思われているかもしれません。長居は無用です。

06.
意見を無視される

1220af16bfb5c64a69106fc36d732df2239d4fc4

自分の意見やアイデアが聞き入れられると、自分が評価されていることが実感でき、うれしいものです。

もし上司があなたの意見をまったく無視していたり、笑い飛ばしたりするなら、次の職場を考えたほうがいいでしょう。

07.
仕事に意味が
感じられない

何か大きな仕事に携わると、ワクワクします。たくさんの人に影響を与えられる仕事となれば、なおさらです。

仕事を終えて帰宅しても、ただ「疲れた」と思うだけなら、いい仕事とは言えません。毎日達成感を感じられる仕事を探しましょう。

08.
将来性がない

どんな仕事でも、未来に希望はあるものです。「社会に貢献する」といった大きなことでなくとも、自分のスキルアップや、プロジェクトでの新たな挑戦など、小さな希望はあるはずです。

「今日よりも何かが少し良くなる将来」が見えない仕事は、する価値がありません。

09.
同じ夢を
持つ人がいない

135dfd326e01c27163d8f3c3d13bcbebbeed3362

どんなに大きな企業でも、始まりは同じ夢を持つ数名からスタートしています。だから職場は、将来一緒に起業できるような、同じ夢を持つ仲間が見つけられる絶好の出会いの場所なのです。

まったく気が合わない人ばかりの職場にいても、時間の無駄になります。

10.
給料に
納得がいかない

お金のためだけに働いているわけではありませんが、お金は重要な要素です。給料はあなたの価値を決めるひとつの基準でもあります。

自分の給料が、自分以外の責任で不当に低くなっていると感じるなら、自分の腕一本でやっていけるような仕事を探しましょう。

11.
「自分には何もできない」と
思い込まされている

0e790d680a9bbb040ca6107d567e9945112a8367

「自分は他の場所でやっていけるだろうか」「私には他にできることなんてない」と考え、転職に踏み切れない人は多いでしょう。

しかし、あなたは本当はなんだってできるのです。世の中には起業したり、転職したりして成功する人がごまんといます。彼らとあなたとの違いは、ただ「自分を信じることができたかどうか」だけです。

どんなに会社で「お前が無能だ」と言われても、信じてはいけません。あなたには、自分一人でどこででもやっていける力があるのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?「...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...