コーヒーが簡単にグレードアップ。 見た目も楽しい「マロンコーヒー」の作り方

これからクリスマスや年末年始で、何かと人が集まる時期。そんなとき、ちょっとしたおもてなしに自宅で簡単にカフェアートみたいなことができたらいいと思いませんか?

カプセルコーヒー『ネスプレッソ』のコーヒーメーカーがあれば、けっこう簡単にできちゃうんです。

ネスプレッソブティック表参道』では、コーヒーメーカーを使った簡単アレンジコーヒーのレシピを伝授してくれるらしい、ということで早速体験してきました。ホントに簡単なので、ぜひチェックしてみて!

3色のレイヤーが見た目にも楽しい「マロンコーヒー」

E1a567213167d0a4cd22ee429733544b2762084e

まずはブティックの2階へ。そこで伝授してもらったのは、ネスプレッソの「ヴォリュート」というフレーバーを使ったマロンコーヒーです。

<作り方>

6ec8772ce9541cc8b5a39822a8595d4c1bbec9b1

カップにマロンクリーム小さじ2杯を入れます。マロンクリームは紀伊國屋とか成城石井など、輸入食品を扱っているスーパーで売っています。

63e9450fdba8d83007bc030f32f6a24ea1482c9d

ネスプレッソの別売アクセサリー・"エアロチーノ"にミルクを注ぎ、フォームドミルクを作ります。ミルクが完成したら"エアロチーノ"のボトムを叩いて泡と液体を分けます。比重の違いによって、泡が上部に、液体が下に移動します。

3b97ded323d84c720edb3ee3fae97c1a4f382617

"エアロチーノ"から液のミルクをカップに注ぎ、マロンクリームを溶かします。ミルクの量はカップの底から2cmぐらいの高さまで。

1d689649a70c5505b429f82f03b4015e3d47a19c

次に、スプーンを使って泡のミルクを注ぎます。すると、やはり比重の違いでミルクが自然と2層に分かれます。

F463ccb8ba7b8ffd2ffb1607da6b8646ea6ddad2E6bb27163f0304e236659b8fc280187926db7015

この状態で、カップをマシンに置いて「ヴォリュート」を抽出すると…あら不思議、真ん中にコーヒーの層ができて3層に。注いだ時に泡にできた染みを、"エアロチーノ"に残った泡で隠して完成です!ちなみに、「マッキャート」とはイタリア語で「染みのついた」という意味なんですよ。

ここでしか教えてくれないアレンジコーヒーいろいろ!「レシピ会」

特別なテクニックがなくても、こんな風にカフェのバリスタ気分を味わえるネスプレッソのアレンジコーヒー。ここ「ネスプレッソブティック表参道」は、隔週でこのようなレシピ会を開催しているんです。

レシピ会では、ここでしか教えてくれない、季節に合わせた素敵なアレンジコーヒーを体験できます。例えば「ロングコリアンダーコーヒー」や「パンプキンコーヒー」など、名前を聞くだけでもワクワクしてくるレシピが盛りだくさん。どのアレンジも、パーティにもピッタリな華やかさが魅力的です。参加は無料なので、気軽に足を運んでみては?当日は満席の可能性もあるので、前もって予約をすることをオススメします!

ネスプレッソのマシンが欲しくなったら…

F1d9a77b532ade8945f93878ddf99b25f8c9c552

そんなに素敵なレシピを体験すれば、「ちょっとマシンの購入を考えてみようかな」と思うのは自然な流れ。そうしたら1階に降りてみましょう。ブティックの名にふさわしい洗練された空間にネスプレッソのコーヒーメーカーや"グラン・クリュ"が勢ぞろいしています。

特に、カウンターの背後の壁にずらりと並んだ"グラン・クリュ"はまるでアートのようで壮観ですよ!

詳しくは「テイスティングコーナー」へ

8c88757e99022769c6599864e8d254cb8a1750073f324a42f7fcba2c722856cfc4ead8650c9b170a

ブティックの奥にあるテイスティングコーナーでは、担当のスタッフがコーヒーメーカーの使い方からコーヒーのフレーバーまで、ネスプレッソのすべてを懇切丁寧に教えてくれます。もちろん、試飲もできますよ。

ここは外国人のお客さんも多いので、スタッフの中には英語がペラペラの人もいます。

"グラン・クリュ"って何?

4955ce789ea7e89cffe855d2c3fc349162351c7c052f59f952489dbfbaeaf1a5bb68a9460ca76231

ところで、ここまで何度も登場している"グラン・クリュ(Grand Cru)"、何のことかと言いますと、ネスプレッソのカプセルコーヒーの名前なんです。もともとはワイン用語で「最上級のぶどう畑」を意味する言葉。

その言葉になぞらえ、"グラン・クリュ"はネスプレッソが厳選した上質なコーヒーを一杯分ずつアルミで密封したもの。リキッドが入っているわけではないんですよ。“グラン・クリュ”になるのは世界で生産されているコーヒーのわずか1〜2%にあたるグルメコーヒー。それらは「力強い味わいのもの」「バランスのとれたもの」「フルーティーなタイプのもの」などあらゆるフレーバーを網羅していて、24種類のレギュラーフレーバーに加えて、年に2回、限定フレーバーも登場します。

ちなみに、この秋の限定フレーバーは「ザッハトルテ」「リンツァートルテ」「アップルシュトゥルーデル」の3種類。

コーヒーを作るのが楽しくなるコーヒーメーカー

F3af864e7fd057f87f6b88947db1c58258138ae0

さて、肝心のコーヒーメーカーについて。さまざまなタイプがありますが、どのタイプもワンタッチ約20秒で美味しいエスプレッソを淹れられます。

大きなタイプは「ミルク機能」付きで、カプチーノの泡から、ラテ用のミルクまで自由自在。小さなタイプはミルク機能はついていませんが、記事の始めに登場した別売りアクセサリー・"エアロチーノ"を買えばオーケー。

電子レンジで温めたミルクでも十分美味しいラテは飲めるかもしれないけれど、このフォームドミルクの滑らかさを知ってしまうと俄然コーヒーメーカーが魅力的に見えてきます。

ちなみに売れ筋は?

Daadfecc21b5a431283a2669fc49f5b24a59875e

お話を聞かせてくれたスタッフによれば、大きなタイプはファミリー層に、小さなタイプは一人暮らし用やギフトとしてよく売れているんだとか。

ちなみに、「イニッシア」のスカイブルーとオレンジ(日本のブティックでしか手に入らない限定色)は外国人に人気で、赤や白は日本人に人気があるそうです。国によって人気のカラーも違うんですね。

296de45af24d72c57c31e975d8f3843e93975d22

贅沢な気分に浸れる店内で過ごすうちに、新しいコーヒーライフへの想像が広がるネスプレッソブティック。

「毎日違う味のコーヒーが飲めたらな」とか、「自分にピッタリなフレーバーはズバリ何だろう?」とか、「目覚めたら自動的にコーヒーができてるといいなあ」とか…etc。知識と経験豊富なスタッフに相談してみると、どんな小さなことでも応えてくれますよ。

まずはレシピ体験や試飲に、気軽に立ち寄ってみては?

D7c0f61676806cb6378ff626beff76daba53a86e
ここで紹介するのは「YourTango」のライターBrooke Larkさんがオススメするコーヒーの作り方。それもただのコーヒーではなく、飲むだけで精力が...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。ちなみに...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
ブラックが苦手で、ミルクと砂糖を必要としてしまうし、コンビニでは決まってカフェラテを頼んでしまう。根っからのコーヒー愛好家さんたちとは違う立ち位置であると...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...