工業系女子大生がデザインした、チョイ乗り専用「紙製ヘルメット」

旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさせるAirbnbの自転車版「Spinlister」なるものがアメリカでは人気だとか。

だけど、そのためにヘルメットを持参するのも面倒。レンタルは不衛生でサイズが合わないこともある。そこで、工学デザインを学ぶ女子大生が考えたのが、持ち運びに便利な紙製のヘルメットでした。ん、紙?

旅行に携行できる
軽くて丈夫な紙ヘルメット

Medium e1380ba152914515ac4a380da741414a13a3437fMedium 595cad80df8fa80431c5f5bbf6e3ce6c591756fd

自転車が生活に浸透している欧米の人たちでも、旅行先にわざわざヘルメットだけ持参する人がそういるとは思えません。かといって、自転車を借りるのに30ドル以上もするモノを買うのもバカらしい、と紙のヘルメット「EcoHelmet」の開発者、イシス・シファーさんは言います。

けれど、現にアメリカでは年間800人近いサイクリストが交通事故によって命を落としているという話。もちろん、そのすべてが旅行者という訳ではないでしょうが。

荷物を増やさず、折りたたみできて、しかも軽い素材。彼女は思い浮かんだアイデアを早速カタチにしていきました。 

強度抜群のハニカム構造
使い捨てもアリ

Medium 55020f9c1cce9fa4ae0758678e0b5ec48d45edc2D713de0a4ea7b9335375ff743f207bfdecf9d8d5

確かに紙を何重にも重ねれば、厚みが出て強度も増しますが、それだけではただ重いうえに事故や転倒の衝撃から頭部を守るには心もとない。

そこでイシスさんは、水をはじく特殊な紙をバナナのように頭のカタチに婉曲させ、これをハニカム構造にレイアウト。使う時は、アコーディオンと同じくじゃばら式で開閉する仕組みです。

イシスさんのアイデアに、イギリスの公立研究機関「インペリアル・カレッジ・ロンドン」が強度調査を受け入れてくれたそうです。これをイシスさんが「ラッキーだった」と表現するのは、、同機関はヨーロッパでの自転車事故によるヘルメット破損の度合いを測る、ビッグデータを保有していたから。

こうして完成したのが、軽く、かさばらず、100%リサイクルできるヘルメットEcoHelmet。これなら価格にして1つあたり、おおよそ5ドルほどで販売も見込めるそう。ちなみに、防水機能は約3時間ほど効果が見込めるんだとか。

技術やテクノロジーを抑え
“エコ”が最優秀賞を受賞

Medium 2ea84a92d624e0a020e09dafb3c7cd8e840f4a36

さて、こちらでShifferが握手をしている男性は、掃除機で有名なダイソン社の創業者であり、プロダクトデザイナーのジェームズ・ダイソン氏。なんと彼女のEcoHelmetが、「ジェームズ・ダイソン・アワード2016」で最優秀賞を受賞

次世代のデザインエンジニアを称え、支援する国際的なエンジニアリングアワードに、先進テクノロジーを駆使したプロダクトではなく、紙を素材に使ったヘルメットが選ばれたことにも大きな意味を感じてしまいます。もちろんその開発は、工業的アプローチや技術に裏打ちされたもの、ですけどね。

製品化はまだ先だそうですが、こういうアイテムが普及してくれるといいですね。

Licensed material used with permission by JamesDysonFoundation
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
世界中で愛用されるキッコーマンの「卓上しょうゆ瓶」、秋田新幹線「こまち」、JR成田エクスプレス、ヤマハのオートバイ、ミニストップのロゴ、東京都のシンボルマ...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...