来年サンフランシスコに行く人は「屋根」に注目して欲しい

気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレンドリー都市”をアピールしてきた同市の次なる一手は、町中の屋根を有効活用しようという計画です。

ソーラーパネルか、
グリーンルーフか、
2017年1月より義務化

Medium f61ea8c4917e2c71b540f3fa3409b68de7c4c5d0

市の発表によれば、今回の決定は現在建築中、ないしは今後新たに建設される建物の屋上部に、面積の最大30%を緑で覆うグリーンルーフにするか、あるいはソーラーパネルの設置、もしくはその両方の導入を義務付けるもの。

「どうしてサンフランシスコの屋根を有効活用しないのだろう、と多くの人たちが思っていたと思います」とは、ソーラーパネルとグリーンルーフ、両案の発起人である市の行政官Scott Weiner氏のコメント。

ところで、この法案が全会一致で可決されたのは今年4月のこと。当時は、ソーラーパネルの設置を義務付けるものでしたが、その狙いは市が掲げる2020年までに再生可能エネルギーで100%電力を供給できる都市計画に基づく施策のひとつのようです。

パネル設置に対する助成金のようなものがあるのかないのか、というところまでは不明ですが、持続可能な都市づくりに積極的な姿勢、そしてこの辺りの意思決定と法整備は、さすがサンフランシスコという気がしてなりません。

それというのも…、

「環境先進都市」が目指す
持続可能な町づくり

Medium 15847f756a7e8317fc3c3ef3fea74582defd41e4

これまでにもサンフランシスコは、2020年までの焼却・埋め立てゼロ(せろ・ウェイスト)を公約に掲げ、全市民への生ゴミのリサイクルを義務付ける条例を世界で初めて施行したことでも知られています。

観光都市であるこも大きな要因かもしれませんが、オークランドなどでは町の至るところに色分けされ分別されたゴミ箱を見かけます。家庭ゴミを出されるからと、ゴミ箱を撤去してしまう東京とはだいぶ温度感が違うことは、訪れるたびに驚かされる点。

さらにはベイエリアでのエコ・グリーン意識への高まりなど、アメリカの中でもやはり先駆的存在として、気候変動や温暖化への問題と向き合ってきました。

もちろん、その全てがワークしている訳ではないのでしょうが、“環境先進都市”としてのイメージはしっかり定着しています。

次回、彼の地を訪れる際は、建物の屋根にも注目する必要がありそうですね。

「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
北極圏に位置するGreen Land。温暖化によって溶けていく巨大な氷山。この100年でどれだけの氷の大陸が消滅していったのか。特にここ10年ほどを見てみ...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Pa...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
4月30日、テスラモーターズから家庭用ソーラー充電地「Powerwall」が発表されました。ソーラーパネルと併用し、蓄電器を壁がけするだけで利用できるとあ...
1分の動画に収められた動物たちの悲しい未来 環境破壊が進んだ地球。動物たちは虚空を見つめてこう思った。「もう、自分たちの生きる世界はない」Quercusと...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
光合成する人口の葉っぱが開発!?遂に完成した「呼吸する葉っぱ」が、地球を救い、宇宙への扉を開くか?!人間が宇宙で暮らす夢が、また大きく近づいた。ロンドンの...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...