毎日をもっと生産的にするため「朝にやるべき7つのこと」

1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。

1日を有効活用するために、毎朝やるべき7つのことを「Elite Daily」でライターのCamilla Hallstromさんが提案していたの紹介したいと思います。これを参考に、あなたの朝の過ごし方を整えてみては?

01.
自分なりの
効果的なルーティンをつくる

Medium 23ba0bbbf647869007877469eca69c6a3fc767af

心理学者のRoy Baumeister氏によると、人間の1日の「意志力」は限られているのだそう。そのため、午前中を平凡に過ごしてしまうと、それは午後にも影響します。

つまり朝の意思決定を最小限にするため、ルーティンが必要になってきます。成功を手にした多くの人は、毎日特定のルーティンをもとにインスピレーションを得ているのです。ヨガや瞑想、ジムでのトレーニングなど、1日にポジティブな影響を与えてくれるものを取り入れましょう。

02.
朝の12分で
1日のスケジュールを組む

これだけで効率が一気にアップすると教えてくれるのは、リーダーシップ論のエキスパートであるBrian Tracy氏。朝が12分かけて、今日取り組むべきタスクをすべて書き出しましょう。優先順位までつけられると、より効果的です。そうすることで、タスクをスムーズに進められるだけでなく、完了したときの達成感も味わうこともできます。

さらに、「本日のミッション」を掲げましょう。「目標に近づくためには何が必要か」を自分に問いかければ、本当に必要なことが自然と見えてくるでしょう。

03.
水分補給を忘れずに

Medium f6cfeb6f55736868a079e166f8c560d2b3183b02

なかなか集中できないのも、気分が浮かないのも、水分が足りていないからかもしれません。1日の忙しさに追われてしまう前に、たっぷりお水を飲む習慣をつけましょう。

軽いレベルの脱水でさえ、パフォーマンスに影響します。枕元に水を用意しておいて、目覚めとともに水分補給を。

米疾病対策センターが推奨しているのは1日コップ4杯。ぜひ、これを目安にしてください。

04.
瞑想を取り入れましょう

気が散るものを視界から消し、静かに息をするだけで脳はクリアになってきます。Scientific AmericanのTom Ireland氏は、瞑想の効果についてこう語ります。

「瞑想をすると、人間の扁桃体(ストレスにより活発に働く部位)が小さくなります。すると集中力、注意力、そして判断力をコントロールする前頭前皮質が厚くなるのです」

その効果は、脳科学の分野でもさまざまな証明がなされていて、毎朝瞑想をすることで、1日の集中力を高めることができるのです。

05.
朝食はしっかり食べること

Medium 7d73dea76b491cc17f834fd60c438ea2cca8b0eb

炭水化物は全粒粉のものを。適量の野菜とフルーツをプレートに並べ、タンパク質はヨーグルトや卵から摂りましょう。

バイオテクノロジー・生物科学研究会議の調べによると、1日のエネルギー量は朝食を摂るか摂らないかに大きく起因しているとのこと。1日をパワフルに過ごすためにも、まずはしっかり朝ごはんを食べておきましょう。

06.
運動をするなら朝7時

朝のたった15分、近所を散歩するだけでもいいので、何かしらの運動を取り入れましょう。「Journal of Strength and Conditioning Research」に掲載された研究によると、朝7時に運動をすると、ストレスが最小限に抑えられ、睡眠の質を向上させる効果が期待できるのだとか。

同じ運動量でも、行う時間によって効果が変わるのであれば、一番効果的な時間帯にやっておきたいですよね

07.
自分と対話する

Medium 06148325978c7eb606a1c5c6af0ba5d8f24bf877

じつはこれ、目標に近づくための優れた方法のひとつ。結局のところ「朝」は、その後の1日や人生そのもののリズムを掴むためにも最適な時間なんです

最近達成できたマイルストーンを再確認し、「その調子!」と自分の背中を押してあげることが、きょうのやる気につながります。

Licensed material used with permission by Elite Daily
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「早起きは三文の徳」とは誰でも分かっていること。でも、それなのになかなか実践できないのってどうしてなんでしょう?もしかしたら、「徳」の内容がハッキリしてい...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
「悩んでいる自分」は「本当の自分」ではないと気づくときこころの窓が開いて、ここちよい風と輝く光に満たされます。ここで紹介するのは朝にピッタリなこころのヨー...
女性リーダーに共通する朝の習慣世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...