ココナッツミルクとバナナでつくる「タイ風ぜんざい」

一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調理は火を使わず電子レンジだけでいきましょう。

毎日でも食べたくなる
タイのぜんざい

Medium 5b619ebd8525a112109122d83918974ae0cfb5d0

このデザートは、砂糖を溶かしたココナッツミルクでバナナを煮るだけの、とっても簡単な一品。フレッシュなバナナの食感が残る方が好きな人もいれば、今にも崩れてきそうなほど、トロトロに煮たものが好きな人も。

自分好みに仕上げてみましょう。

まず、バナナを1本斜め切りにします。耐熱容器にココナッツミルク(200g)、砂糖(大さじ1)、塩(ひとつまみ)とカットしたバナナを入れて、600Wのレンジで5分加熱。よくまぜて器に盛って、熱々をいただきましょう。

 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
おもにキャッサバというお芋のでんぷんからつくられるタピオカは、デザートとしてすっかり定着しています。欧米でもそれは同じで、アメリカのスーパーに行くと「タピ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
体にまとわりついてくる湿気のなか、グラスにタピオカ、フルーツ、白玉やあんこを添えてココナッツミルクのソースがかかった「チェー」をいただく。恐ろしく甘い、で...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
いま、タイで超人気のキャラスイーツ名人、songsweetsongさん。彼女の手にかかれば、誰もが知っているあのキャラクターたちが美味しく“変身”してしま...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
モコモコのマシュマロがこんがり焼けたデザートを紹介します。北大西洋に浮かぶバミューダ諸島が発祥といわれる「スイートポテト・キャセロール」。じつはこれ、アメ...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...