7人の面接官が答えた「これで一気に興味がなくなる」7つのNG

「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡ですよね。

そこで紹介したいのが、Young Entrepreneur Council (若手起業家協会)に所属する7人の起業家が「The Muse」で紹介しているのは「面接での7つの誤り」について。

01.
主張がすべて
「自分」目線

89de831ccc6622a85b68b7c8fe9d9e3e5a59de7a

「面接官は、あなたがどれだけチームと協力してくれるかどうかを第一に探るでしょう。さらに、ただの『仕事』を求めているのではなく、『この仕事』にどれだけ興味を持っているかを見せて欲しいのです。

私たちが求めているのは、会社の成長を考えてくれる人材です。『この職が僕に合っている理由は...』より『私がこの会社に入ればこんなことができる』と可能性を主張してくれたほうが、断然魅力的に感じます」

ー Brittany Hodak, ZinePack

02.
会社の情報収集を
していないのが見え見え

「面接前のリサーチほど大事なものはありません。驚くことに、多くの志望者たちは、私たちの会社が提供するサービスなどについて全く調べずに来社します。もちろん、全てを暗記してこい、とまでは言いません。ですが、せめて我々面接官と会話を続けられるくらいの興味を持っていないと、採用対象になり兼ねます。

最終的な決め手となるのは、今まで培ってきた経験以上に、私たちがあなたと一緒に働きたいと思えるかどうかなんです」

ーJoey Kercher, Air Fresh Marketing

03.
質問をしてこないのは
興味がない証拠

「質問をしないことは、結果を『不採用』に傾かせる大きな要素です。面接とは、決して一方通行ではありません。来社する際には、自分から聞いておきたい質問も用意しておきましょう。質問をするということは、会社に関心があることの表れですから」

ーAnthony Pezzotti, Knowzo.com

04.
そもそも「やる気」が
見受けられない

42cbe2e7cc55f35d704eaafb92711b8265794285

「面接は緊張感もあるし、非常にストレスフルな状況だとは思います。ですが、やる気だけは必ず伝わるよう、意識して挑みましょう。

我々のチームは、やる気が原動力となっています。モチベーションが低くやる気のない人に仕事は回ってきません。つまらなそうにしている人に仕事を任せても、残念ながら結果が期待できないからです」

ーHank Ostholthoff, Mabbly

05.
口を開けば愚痴ばかり

「面接の場で少しでも不満をこぼす人は、口を開くと愚痴ばかりのタイプである傾向があります。前職でうまくいかなかったことを会社のせいにする人は『言い訳しかできない』と見られても当然です。このような人と働くのは、できるだけ避けたいです」
ーMichael Portman, Birds Barbershop

06.
「自分が得するか」
しか考えてない

6581009b9590afffd408b55b1ec1b1936ea60457

「会社があなたに与えてくれるものを聞き出すよりも、自分が会社のためにできることを伝えましょう。私たちは、何かを『とろう』とする人ではなく『与えよう』としてくれる人に好感を抱くものです」

ーPeter Kozodoy, GEM Advertising

07.
型どおりの受け答えしか
できない

「ただ面接官の質問に答えるだけが『面接』だと思っているならば、考えを改める必要があります。もちろん質問に答えるのも、質問の答えを準備しておくのも、大事な要素です。

でもそれ以上に重要なのは、他の志望者とどう差をつけられるか。あなたのユニークな特徴はなんですか?面接とは、レジュメでは読み取れない強みを発揮し、面接官の関心を狙う場なのです」

ーAntonio Neves, AntonioNeves.com

Licensed material used with permission by Young Entrepreneur Council
就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。そ...
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
仕事を見つけるには、自分を「プロダクト」として売り込まなければなりません。きっと、こういうことをするのが苦手な人もいるはず。だから、どうしても嘘をついてし...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点が...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...