ヴィンセント。それは「影」を自在に操る男

子どもの頃に遊んだ、影絵。懐かしい思い出かもしれませんが、ベルギー人の映画製作者で、アーティストでもあるVincent Balさんの影絵は、ちょっとレベルが違います。彼は、新しい映画に取り組んでいた2016年5月、ティーカップの影を見て突然気がついたのです。

「この影、小さな象にそっくり!」

さらに、その影にいくつか線を加えて、絵を完成させてInstagramにアップしたところ、思いのほか好評に。

そこから、彼はこの「shadow doodles(影の落書き)」シリーズを毎日作成することにしたのです。

シガーソケット用の充電器が
キッチンの鍋に

影が伸びて実物よりも太くなって、まるでグツグツ煮込んでる鍋に。コックさんのイラストも足して完成。お鍋の取っ手もちゃんと2つあります。

1枚の落ち葉が
木枯らしに吹かれる男性に

落ち葉の影が、木枯らしに吹かれる男性のイラストに変身。モノとイラストの関連があるところがまたステキです。

見つけたぞ!

懐中電灯で照らされた犯人を表現したのは、緑色のグラスでした。

アヒルが
まさかの泥棒に

袋をかかえて背中を丸めた、鼻の高い泥棒に。この発想力がすごい!

みかんの皮で
シロクマ

ミカンとミカンの皮で、シロクマの輪郭ができています。大事そうに抱えているのは、ハチミツの瓶?

葉っぱの恐竜

恐竜らしい全体の骨格と口の部分が絶妙です。

35mmの高さからの
落下

今は珍しくなったカメラのフィルムは、人が落ちた塔として使われています。まさかフィルムの穴が柵になるなんて…。月夜のドラマを想像させてくれます。

影の色を生かして
「海辺」を表現

コップの青色と、フチの影を生かして、砂浜から海を見つめる犬連れの男性を表現。コップの底の影で、海と空の境目が見えるところもすごい!

リンゴの芯がフクロウに

かじられたリンゴの芯の影には、どこか怖いフクロウが潜んでいます。

ロボットの影に
職をなくした人あり

なんとも皮肉な1枚。ロボットの影で泣いている人は、その進化によって職を失ったことを表現しているそう。

地獄の天使?

なんだかとっても意味深な…。人間の二面性を暗示?

ペン先から生まれた
男性

キャップを取ったペン先からは、セーターに口元を埋めた男性がこんにちは。

影を自由自在に操る男「Vincent Bal」さんの作品、いかがでしたか?ポストカードは、Estyからも購入できます。

Licensed material used with permission by Vincent Bal, (Facebook), (Instagram), (Etsy)
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
「女は追われる恋愛の方が幸せになれる」なんて言うけれど、そんなのできたら苦労しない。男の人って追ったら逃げていくし、でも「好き」な気持ちは抑えられない。そ...
これから紹介するのは、「世界一羨ましがられる男」と言っても過言じゃないかもしれない。自称、誰よりも多くのスターと寝た男、Average Rob。悪気もなく...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...