チームラボが演出する「音楽フェス」は、前代未聞らしい

「超実験的!」

主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェスといえど、どうやら普段私たちが慣れ親しんだものとはかなり違っていそうです。

音楽は「聞く」から
「体感・参加」へ

イベントの正式名称は「Music Festival, teamLab Jungle」。光と映像によって演出される空間の中、音楽に合わせて踊ったり音を奏でたりする、これまでにない「体験型音楽フェスティバル」になるようです。

Medium 66171e296518516aed5a8a27dc4e936813096021

子どもから大人までファミリーで楽しめる「昼フェス」と、カップルからアートファンまで楽しめる「夜フェス」の2種類。

Medium 6fdba5d85c8068aa2f4e4c7e5635c3b0e02c8d76

会場全体が、光によるデジタルアート空間に。

Medium 3e830e863c29faa479e82f2c1d05bdd1ae3c649e

チームラボといえば、見るだけでなく、触れて楽しむ「インタラクティブアート」が十八番。その真骨頂が、音楽フェスという新たな形で発揮されるというわけ。音楽は「聞く」ものから「参加・体感」するものへ。

Medium 2be468a29663517a03ef4d17e491743da05fccd0

同イベントは、12/24(土)から来年1月9日(月・祝)にかけて、大阪・堂島リバーフォーラムにて開催。こちらの公式HPをチェックすると、その独特な空気感が理解できるはず。

みんなで音を奏で、時には光を創るという、まったく新しい音楽フェス。年末年始の大阪でどのような盛り上がりを見せるのか、要注目です。

【開催概要】
Music Festival, teamLab Jungle
・日時:2016年12月24日(土)~2017年1月9日(月・祝)
・会場:堂島リバーフォーラム
・住所:大阪府大阪市福島区福島1-1-17
・料金:昼フェス
前売券 15歳以上 1,200円、3歳~14歳 600円
当日券 15歳以上 1,600円、3歳~14歳 800円 ※2歳以下無料
夜フェス
前売券 一般3,500円 当日券 一般4,000円 ※小学生以下は入場不可。19:00からの公演は16歳未満は保護者同伴。21:20からの公演は18歳未満は入場不可

Licensed material used with permission by team Lab
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
今夏、京都・下鴨神社に展示され大きな反響を呼んだチームラボの作品が、このたび東京に上陸。「見たかったけれど行けなかった」という関東在住の人には朗報と言えそ...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...