今日から変わる。「考えること」をサボらない方法

スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはいないでしょうか?  

内田伸哉さんの著書『脳のコンディションを良くする88の挑戦』では、脳に刺激を与えて鍛えることが重要だと説いています。考えることをサボると、脳が衰えてしまうのです。では、どうすればいいのか?

たった13文字の日記を
30日間続ける

Ee2d4a639b2d4f232b5b06d33f5f4da49f76a7d4

年齢を重ねるにつれて、習慣を変えることは難しくなります。そこでまず、習慣を変える小さなリハビリをすることが大切なのです。

ルールはたったの2つ。

・30日間毎日行えること
・ほんの少しだけ脳が考える作業をすること

オススメは「ひとこと日記」。毎日、ひとことだけ書く日記を30日間書き続けるのです。ただし、13文字ぴったりに書くというルールを追加してください。13文字ぴったりにおさめるという編集作業は、脳に重すぎず、軽すぎず、ちょうど良い負荷を与えてくれます。ノートに書いても良いですし、LINEやフェイスブックをやっているひとは、自分で自分にメッセージをすると良いでしょう。たまにノートやタイムラインを見返すと、脳の変化を実感することができます。

このほかにも毎日続けられるような脳負荷習慣を思いついたら、オリジナルの手段でも試してみてください。

ーLet's TRY!ー

・13文字日記を書こう
・毎日5分続けられて、多少のストレスがかかることを探そう
・可能であれば長期の休暇をとって、30日以上違う環境に身を置いてみよう

〆切を細かく区切って
作業する

「10,000時間ルール」という有名な考え方があります。これは、何事も一流になるまではそれくらいの時間をかけて練習する必要がある、ということを表しています。資格にしても英語にしても、やはりそれくらい積み重ねて、ようやく脳に定着してスキルとなるのです。

脳は新しいことをやり始めることを苦手としていますが、習慣となれば脳への負担も軽くなります。10,000時間のトレーニングと考えると簡単にはできなさそうですが、1日に1時間、30分、と時間を決めて習慣にしていけばいいのです。

脳をトレーニングするなら、自分にあった細切れの〆切を設定してみてください。そうすればスキルアップしながら脳の活性化ができるでしょう。

ーLet's TRY!ー

・自分が習得したいものを得るために何時間かかるか考えよう
・そのためには、どう細かく〆切を設定するべきか考えよう
・友人や会社の部署も巻き込んで習慣的なトレンドをつくろう

音楽を流しながら
仕事をする

6c005fc8f0a058e7a56ac32070ae5ccee85f0078

良い思考のヒントやアイデアが出るかどうかは、環境や状況に左右されます。もし、いつもと違うアイデアを出したいのなら、環境を変えるのが手っ取り早い手段です。お金をかけずに即効性のある方法は、「仕事中に流す音楽を変える」こと。もし、今まで曲をかけて仕事をしたことがなかったら、ぜひ試しに音楽をかけてみてください。

聴覚に限らず、可能であれば視覚も変えるとより効果は高まるでしょう。ある若手サラリーマンは、ハロウィンならデスクをハロウィン仕様に、お正月なら小さい門松を飾るなど…季節の節目に模様替えをするそうです。理由は「季節の節目に模様替えをすると、その時期にやらなければいけないことを思い出すから」とのこと。

聴覚的・視覚的感覚を切り替えて仕事をすることは、無意識のうちに脳へいつもと違う刺激を与えます。そうすることで、あなたの頭もぐっとやわらかくなるでしょう。

ーLet's TRY!ー

・次の行事は何かを思い出してみよう
・次の行事に関係する飾りを購入しよう
・季節や行事トークをネタに、今まで話したことのない人と会話をしよう

友人にギリギリの
依頼をする

謙虚さは日本人が誇るものであり、国内の統制を保っている大きな要因だと思います。しかし、グローバル化が進むにつれて、それだけでは生き残ることが難しくなってきました。だからこそ、大胆になるよう脳を鍛えることが必要です。

その第一歩は、他人に依頼をすること。まずは、友人にお願いすることから始めてみましょう。たとえば、友人と飲みに行くときの、お店のセッティング。こういったお願いができる人は日常的に行っていますが、できない人は本当にできません。小さいオーダーからお願いしていき、レベルを徐々に上げていくのがオススメです。

友人で慣れてきたら、次は同僚や得意先などビジネス関係の人たちにもお願いすると良いでしょう。人にお願いすることは、お礼や対価がしっかりしていれば何も悪いことではないですし、新たな関係性が生まれるので関係構築にも役立ちますよ!

ーLet's TRY!ー

・まずは友人にコンビニでランチを買ってきてもらうようにお願いしよう
・それに慣れたら友人に飲み会のセッティングをお願いしよう
・最終的に上司に仕事を手伝ってもらえるようにお願いしてみよう

毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
最近嬉しかったことは何ですか?今日は新しい発見がありましたか?明日、楽しみな予定はありますか?椅子から動かなければ肩がこるように、毎日が変わらなければ脳も...
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
「生活にハリがない」と嘆く人がいるとします。もちろん、人それぞれ環境の違いはありますが、どんな状況でも自ら動くことで、それを解消することができるはず。そう...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
「Inc.」でGeoffrey James氏が紹介した研究によると、1日たったの10秒で幸せになれる方法があるといいます。脳のエクササイズだとか。なんだか...
同じことばかり繰り返す毎日に、飽き飽きしているあなたへ。そんな生活をしていると、知らず知らずのうちに考え方さえも、決まりきった退屈なものになってしまいます...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...