脳に刺激を与える、具体的なアドバイス4つ

「生活にハリがない」と嘆く人がいるとします。もちろん、人それぞれ環境の違いはありますが、どんな状況でも自ら動くことで、それを解消することができるはず。そうやって刺激のある生活を送ることで、脳は活性化されていくのです。

ヤフー株式会社クリエイティブ推進部部長兼ブランドマネジメント室室長・内田伸哉さんの著書『脳のコンディションを良くする88の挑戦』では、そんな刺激のある毎日を送るための行動や訓練方法がまとめられています。

殻に閉じこもらないで、自ら行動を起こしましょう。

普段食べないものを
選んでみる

0a8294a206c18ae3d9b09d9af9179a0dfe2c9cf0

頭を鍛えることに抵抗を感じたり、難しく考えると頭を鍛える機会を失ってしまいます。もっと軽い気持ちでトライしてみましょう。私たちの生活は、ある一定のレールに沿って生活しています。それは、生活リズムなど、普段やっていることがバラバラにならないように、脳は自然と日常をつくりあげているから。

脳を鍛えるには「日常を壊す」ことが大切です。たとえば、普段食べないものを食べてみるのもそのひとつ。スーパーにしろ、外食にしろ、大概の人は自分の趣味趣向で食べるものの範囲が決まります。いつもは行かないお店に行ったり、普段絶対に食べない売り場のものを買ってみたりすると、それだけで日常は壊れます。言い換えると、脳が他の選択肢を選ぶために労働をしたことになるのです。

仕事をすればするほど仕事を覚えるように、脳も動けば動くほどその使い方を学ぶようになるでしょう。

ーLet's TRY!ー

・コンビニでも普段は買わないようなものを買ってみよう
・行ったことがない飲食店を開拓してみよう
・毎日違うものを食べるルールを作り1年間過ごそう

自分の成功した姿を
想像してみる

3d3aeca8488ab2b90ccfac586d0ef1da63e357b5

脳は、意識をしないと「時間」という感覚を持てません。だからこそ、だらだらと人生を過ごしてしまわないように、自分からゴールを作ることが大切なのです。

しかし、ゴールといってもなかなか思いつくものではありません。その場合は、自分が成功した姿を想像すると良いでしょう。そうすることで、あなたがいったい、どこを目指して成長しようとしているのかが見えてくるはず。

成功のイメージを持って行動するのとしないのとでは、脳の活性具合が変わってきます。「こうなるんだったら、こうしないと」という指令が無意識のうちに脳から出るようにするためにも、成功のゴールはかならず〆切を決めてから描くようにしてください。 

ーLet's TRY!ー

・自分にとって大成功はなにかを考えよう
・その大成功のためのプロセスと〆切を考えよう
・プロセス通りに動けるよう、自分の生活スタイルを変えよう

「理想はなにか?」を
明確に書き出す

理想の人生をイメージするのは、視点を高く考える際の課題としてとても有効に働きますが、一方で理想へのイメージは抽象的になりがちです。

そんなときは、モデルケースは何か?というところまで想像しましょう。たとえば、理想の人生を考える場合は、自分の理想に一番近い人生を送っている人物をモデルケースとして探すと良いのです。そうすることで、広くモヤがかかった「理想」という言葉から、急に具体的な「人物」となり、答えが見えてくるでしょう。

理想を具体的にする作業は、クリエイティビティあふれる作業のため、とてもエネルギーを消費します。このエネルギーの消費が、頭に良い刺激を与えるのです。何の理想を考えるかという方向性を決めたら、あとは具体的なモデルケースを考えて書き出しましょう。

「35歳までに係長になる」や「年収800万円を超える」など、定期的に書き出せるとよりベターです。

ーLet's TRY!ー

・現実的な理想とは何かを書き出そう
・理想のためには何をすべきか書き出そう
・具体策を今日から実践しよう

頭の中にある考えを
「文字」にして吐き出す

E2eac16d9c916897bf17a3ae1a1c57da18164b72

「自分の頭の中では想像が広がっていたが、いざやってみると思った通りにならなかった」という経験はないでしょうか。これは、考えている最中に頭の中でイメージが誇大化されるためです。だからこそ、「一度頭の中から出す」という行為がとても大切。さらに、それを文字にすることで、簡単かつ具体的な形としてアウトプットを生み出すことができます。

頭の中に情報を置いて考えている限り、なかなか整理できるものではありません。しかし、吐き出していく過程で整理され、書き出したものを並べ替えたりしていくうちに、整理の仕方を思いついたりすることが多いのです。

アウトプットは極力短い文字で、多方面に短時間で集中的に書き出してください。しっかり時間制限を設けるのもポイントです。人は、自分が思っているほど自分自身をわかっていません。だからこそ、「字にして書き出す」というアウトプットを続けていくことが大切なのです。

ーLet's TRY!ー

・いま思っていることを書き出そう
・慣れたら文字以外でいまの感情をアウトプットしてみよう
・白紙のノートを1冊購入してアイデアで埋め尽くしてみよう

仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
最近嬉しかったことは何ですか?今日は新しい発見がありましたか?明日、楽しみな予定はありますか?椅子から動かなければ肩がこるように、毎日が変わらなければ脳も...
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
仕事の休憩時に、または通勤の電車内で、ちょっと頭の体操を。下のイラストには、6つの数字が書かれています。ただし、そのうちの1つは隠れていて見えません。他の...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...