仕事の休憩時間にもできる「脳の鍛え方」4選

仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えることができたらベストですよね。

ヤフー株式会社クリエイティブ推進部部長兼ブランドマネジメント室室長・内田伸哉さんの著書『脳のコンディションを良くする88の挑戦』では、仕事の合間や自宅に帰ってからでもできる、脳を鍛える方法が掲載されています。誰でも簡単にできる習慣

休憩時間に
逆立ちしてみる

Medium e8dd127bf07808a4e5112e811787e608a7965f3e

年齢を重ねるほどやらなくなっていくこと。その代表が「意味のない行動」です。子どもたちは無意味な行動に満ち溢れていますが、これは脳の構造上、非常に重要なファクターです。クリエイティブの世界では、新しい物事やアイデアを考えるのに3つの要素が大切だと言われています。

1.インプット
考えるべき対象の情報を最大限、頭のなかに叩き込みます。

2.アウトプット
頭の中に入った情報を整理し、アイデアをたくさん出します。

3.何もしない
頭をリセットします。あえて全く関係のないことをして、そこで生まれるアイデアを待つのです。

仕事でいっぱいいっぱいの時こそ、あえて休息時間を取って、意味のない行動をとるのも良いでしょう。たとえば、部屋の壁を使って逆立ちをしてみる、近所を走ってみるなど。意味のないことを故意にやると無意識に脳を刺激し、意味のあるアイデアが生まれることもあるのです。

ーLet's TRY!ー

・逆立ちをするなど、子どもが無意味にとる行動をしよう
・お寺に行き、瞑想や座禅を組んで心が無の状態を作ろう
・ファインアートの体験セミナーなどに行き暗黒舞踏などを体験してみよう

罪悪感が出るまで
遊び続ける

そこそこ働いて、そこそこ休むことに慣れてくると、頭もそのルーチンに慣れていき、最後には考えずうまくやる能力ばかりが伸びていきます。勤勉な人ほどそういった状況に陥りやすいのが現状。どうすればそういったループから抜け出すことができるのでしょうか?

働くのが好きな人ほどやっていただきたいのが、「罪悪感が出るまで遊び続けてみる」こと。もし夏休みが取れるなら、2週間近く休んでみてください。

ルーチンから抜け出すと、まず訪れるのは不安。最初は誰もが「働かなくていいのか?」と思うはずです。しかし次第に「なぜ、日々働いているのか」という思考に。これは、ルーチンを壊すことで脳がほぐれているからです。

「定常的にやっていることが何なのか」ということを考えて、一度壊してみることにトライしてみてください。

ーLet's TRY!ー

・罪悪感が出るまで遊び続けてみよう
・夏休みをいつもより一週間多く取れないか検討しよう
・会社の長期休暇制度を探し、ルーチンを壊してみよう

あえてネットから離れて
物を調べてみる

Medium 7984cd941ec219e3c80ffdc9aba3a40cd01ebc1f

インターネットが普及した世の中だからこそ、これこそピッタリな「脳のエクササイズ」。それは、ネットを使わず物を調べてみることです。ネットワークをつなげずに物事を調べることは、私たちに付随的にいろいろな情報を与え、脳にたくさんの刺激を補填してくれます。

今や「調べる」という行為をする場合、ネットで調べるのが普通。しかし、こんな時代だからこそ、「ネットで調べ、実際にも調べる」人は貴重な人材と言えます。両方から情報を得ることは、自分の価値を高めるだけでなく、多方面の視点から物事を見る能力が身につくので、習慣にするといいでしょう。

世の中が電子化すればするほど、リアルな情報は仕事においても、そしてあなたの脳にとっても重要な情報源になってきます。そのためには、机の前に座っている時間を割いて、足を使う時間を確保する…というタイムマネジメントも重要になってくはずです。

ーLet's TRY!ー

・紙の辞書を使って今日聞いた言葉を調べてみよう
・調べ物をネットで検索した後、辞書や百科事典でも探してみよう
・図書館を利用してウェブにない有用な情報を探し当てよう

「仮に」を
繰り返して考える

悪いことと教えられてきた「嘘」も、言い換えると「仮説」。これは、頭を柔らかくする緩和剤としても役立っているため、新しいビジネスや科学の新発見などは、「嘘」を考える力から発見されたと言っても過言ではありません。

「仮説」を唱えることは有名な学者や経営者だけではなく、多くのビジネスパーソンや主婦にとっても重要なこと。しかし、仮説を考えろと言われてもなかなか生まれてくるものではありません。そんなときは日常に「仮」をつけて思考すると良いでしょう。

たとえば実現が難しいことを100個考えます。100個中99個は本当に実現不可能なことだとしても、そのうち1個は実現可能なヒラメキが潜んでいるかもしれません。

ーLet's TRY!ー

・仮に自分が逆の性別だったら何をしていたかを考えよう
・仮に1年後の収入を10%増にするなら、そのために今やるべきことは?
・仮に世界を変える発明をするなら、何を作るかアイデアを100個考えよう

毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
最近嬉しかったことは何ですか?今日は新しい発見がありましたか?明日、楽しみな予定はありますか?椅子から動かなければ肩がこるように、毎日が変わらなければ脳も...
「生活にハリがない」と嘆く人がいるとします。もちろん、人それぞれ環境の違いはありますが、どんな状況でも自ら動くことで、それを解消することができるはず。そう...
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
仕事の休憩時に、または通勤の電車内で、ちょっと頭の体操を。下のイラストには、6つの数字が書かれています。ただし、そのうちの1つは隠れていて見えません。他の...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
「Inc.」でGeoffrey James氏が紹介した研究によると、1日たったの10秒で幸せになれる方法があるといいます。脳のエクササイズだとか。なんだか...