ホームレスがホームレスのために仕立てる「3WAY」コート

かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻した。米自動車産業の凋落は多くの失業者を生み、途方にくれた人々の多くが路上生活を余儀なくされた。

マイナス10℃以下になるデトロイトの冬を乗り切るため、あるコートがホームレスたちにとって欠かせない存在になっている。

3WAYの多機能コートは
路上での生活に焦点を当てたもの

F28e89e08d07e9f2d353a3996348de0ec3e82a41

このコート、後ろ身頃が二重構造になっていて、チャックを開いて広げると足元まで伸びる寝袋として使用することができるすぐれもの。

0d3ab9c802291efd014b97b553bcf2b6bb9b78d56bc587319373d698397cb746e9fe1d11ed8d789882c4c31fa9105fd2609bab358cbdc09fc195ca49

コートの両腕に付いたストラップをパチンと閉じれば枕が完成する。さらに使っていないときはクルクルと丸めてしまえば、ショルダーバッグに早変わりする3WAY構造だ。

だが、多機能だけがEMPWRコートのウリではない。ナイロンバッグの定番ともいえる、優れた耐久性を有するコーデュラナイロンを使用し、長持ちするようタフさにとにかくこだわったつくりだとか。おまけに耐水性能も高いらしい。

なぜ、そこまで丈夫さにこだわるのか。理由はこのコートに袖を通す人たちにある。主なユーザーは路上で生活するホームレスたちだから

ホームレスが仕立て
ホームレスが着る。
雇用を生み出す循環型ビジネス

B5c0faea8f72bebad6bae34ea93b6c3cf8331e9f1371d55e4cf1d25f8d843fae0b26e906381c74b0

ホームレスの子どもたちが成長しても、ホームレス生活から脱却できない。この悪循環を断ち切るためNPO活動団体「The Empowerment Plan」は、路上で生活するひとり親を対象に、職業訓練とフルタイム雇用を支援し続けている。このEMPWRコートは、そんな彼らの手によって生み出されたもの。

コートの生地はアパレルブランド「Carhartt」より使用されずに余ったマテリアルを譲り受けたもの。同じように、自動車製造に使用された断熱材は「GM」から、他のパーツも、その大半が大手企業などからの寄付でまかなわれている。

個人、企業、財団、地域コミュニティの協力なくして、すべてを達成することなんてできません」、とデトロイトで大学教授として勤めてきた同団体CEOのVeronika Scottのコメントをdesignbloomの記事は紹介している。

地域の協力を得てコートをつくるのがホームレスなら、それを着るのもホームレスだ。厳しい冬場の路上を知る彼らだからこそ、コートの断熱性やタフさにこだわるのかもしれない。

路上生活からの脱却と
デトロイト復興ののろし

3cf2d9a9aaae827e73bf6083da8f071c81c3c627

プロジェクトがスタートした2012年以来、34人が路上生活から更生し子どもたちとともに暮らす住宅を確保するまでに。また、彼らによってこれまでに15,000着以上のコートがホームレスへと渡った。

デトロイト市の復興を告げるように、地元の人と企業が協力し合い生まれたEMPWRコートが、今ではアメリカ40都市、カナダ7つの都市に拡散しているそうだ。

Reference:designbloom
Licensed material used with permission by The Empowerment Plan
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
2015年9月4日、ブラジル・サンパウロの教会前。銃を持った男が女性の身を拘束する事件が発生した。犯人は警察にもよく顔を知られている重犯罪者だったと報じら...
多からず少なからず、「庭にバスケットコートがある」という人はいるでしょう。でも、屋内にコートがある家があるんですって!この写真を見て下さい。窓の作りが少し...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
藤本 太一 Taichi Fujimoto日本の大学を卒業後、イギリスのウェストミニスター大学院に留学。卒業後、イギリスでHappiness Archit...
世界中のストリートに、バスケットコートは無数に存在する。そんな中でも、3年ほど前にトロントで見たこの場所は衝撃的で、こんなところでプレーできるなんて羨まし...