「女性とはどうあるべきか」。ママが娘のランチボックスに入れた名言イラスト

日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くようです。

米ロードアイランド州のメーガン・エルダーキンさんが娘のホールデンちゃんに描いたナプキンのイラストとメッセージが、「元気をもらえる!」と話題になっています。

ランチボックスの底には
いつもママからのメッセージ

Medium 0330bbfcb5d71e3591e6ce2feb93265167e92688

「私は嵐を恐れない。航海の仕方は学んでいるのだから」
ーールイーザ・メイ・オルコット(作家)

エルダーキンさんは、フリーランスのイラストレーター。ナプキンに毎日イラストとメッセージを描いて、娘のホールデンちゃんのランチボックスにそっと忍ばせます。

フェミニストであるメーガンさんが描くのは、強く勇敢な女性たちと、その名言です。

Medium 1df05bf88750ba733d7a4ddada45f29937287897

「最も危険なフレーズは『いつもこの方法でやっている』と言うことです」
ーーグレース・ホッパー(海軍准将・プログラマー)

Medium d18c722fc71e9d2113b99d59dbfad56aa017341a

「すべての少女たちへ、自分の価値と力を決して疑わないでください。あなたたちは、世界中のあらゆる可能性と機会に恵まれるべき存在なのです」
ーーヒラリー・クリントン(元・米国務長官)

きっかけは
大統領選だった

作者のメーガンさんは、もともとホールデンちゃんが幼稚園の頃から、ナプキンに動物などのイラストと、ちょっとしたジョークを描いていました。その内容が変わるきっかけになったのは、先の大統領選だったと言います。

ヒラリー氏を応援していたメーガンさん親子にとって、アメリカ大統領選の結果は、ショッキングなものだったそうです。ホールデンちゃんは、移民の人々を思うと「アメリカで生きづらくなるんじゃないかな」と、動揺していました。でも、すっかり落ち込んでしまった母親のメーガンさんに対して、いち早く立ち直って励ましたのは娘のホールデンちゃんでした。

そのときの娘の姿に、メーガンさんは「マララ・ユスフザイのように勇敢であれ」という言葉を思い出したそう。そして、今度は自分が娘を励ます番だ、と思い立ったと言います。

歴史上の女性の勇敢な言葉が、元気を与えてくれる

はじめのうちは娘へのささやかな励ましでしたが、描いているうちに、メーガンさん自身も励まされたそう。

そして、その一部をFacebookにアップ。すると、メーガンさんの行動とメッセージに感銘を受けた人々が拡散し、多くの女性から「希望が持てた」「勇気が出た」などのコメントが続々届いたそうです。

「たかがランチのナプキンかもしれません。でも私の行動が、少しでも女性の平等な対話に役立つなら、恐縮ですが、とても栄誉なことだと思っています」

Licensed material used with permission by Meaghan Elderkin
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
一般的に「抜け毛」と聞くと、男性特有の悩みのように思えます…が、女性にだってそのリスクはあるようです。「Little Things」にライターAngel ...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...