今年オープンした話題の最新ホテル10選

2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご紹介します。

年末年始に間に合うかどうかは難しいところですが、2017年早々にでも、訪れる予定を立ててみては?

01.
CASTEL PORRONA RELAIS

イタリア|チニジャーノ

Bb11124ef69ee4ca55f0e431b106aeb878e0b8a5

トスカーナのお城を改造したホテル、と言っただけでも興味をそそられますが、築900年以上を誇る「カステル・ポローナ」には、ほかにも魅力たっぷり。元からあった建築はもちろん、スムースな石材と赤レンガやテラコッタのタイル、むき出しの木梁をはじめとする愛しいディテールを丁寧に残しつつ、現代的かつ上品なインテリアでアップデート。

古いオリーブ園やぶどう園、夏はひまわりが黄色く染める緑豊かな辺りの景色にもぴったり。照れることはありません。ここを訪れたら、一日ぐらい貴族気分を気取ってみては?

→詳しくはこちら

02.
HOTEL GOLDGASSE

オーストリア|ザルツブルク

B8819a32b0d72039547fde88625b538cfedf54a0

「ホテル・ゴールドガッセ」のコンテンポラリー・デザインは、オーストリアの豪華絢爛なイメージを覆すスタイル。でも、旧市街の中心地にあるだけに、それも新鮮で、丸一日この中世の街並みを歩いたあとは、逆にありがたみを感じるはず。

アンティークの石材の床や素朴な木の梁といったアクセントは残しつつ、明るくポップな仕上がりは、あくまでこの街が今を生きる土地であることを思い出させてくれます。

→詳しくはこちら

03.
HOTEL DES DROMONTS

フランス|アヴォリア

Ac3b9aeac93d7dc5d6ff963f2980de46dddb583c

憧れのフレンチアルプスでウィンタータイムを楽しむときも、やっぱりスタイルにはこだわりたいもの。角ばったピラミッドのような「ホテル・デ・ドロモント」は、ル・コルビュジエの都市住宅デザインにヒントを得て造られたということで、縦型の空間を上手に利用しながら、どの客室からも素晴らしい景色が楽しめるようになっています。

思い切りスキーして過ごした後は、まっすぐ地階のラウンジへ。アルプス式に、暖炉のそばでカクテル片手に疲れを癒しましょう。

→詳しくはこちら

04.
OFF PARIS SEINE

フランス|パリ

05e7b0aa1e2436f509f7c247d065c8eb3ac9286e

セーヌ川の左岸にイカダを下ろした双胴船の中に造られた「オフ・パリス・セーヌ」は、それだけでもユニークなコンセプト。パリの街を横切るこの川をもっと画期的に利用してほしいと思っていた人にとっては、大満足な企画でしょう。嬉しいことに、客室やサービス自体はプロフェッショナルで、コージーなサイズながらも高級感たっぷり。

また、何と言ってもプランジプールとミニ・ビストロ風カクテルバーが用意された屋外デッキは、パリジャン&パリジェンヌも羨む空間になっています。

→詳しくはこちら

05.
VILLA EXTRAMUROS

ポルトガル|アレンテージョ

00bdd8750b206176d3956dc8c01eaa4993185c5e

客室数はたった5部屋。デザインは気取りなくも都会的。「ヴィラ・エストラムーロシュ」は、オリーブ菜園とオーク林に囲まれた、ミニマリストなリゾートです。

近年、旅上手の間で話題のポルトガルですが、この辺りはまだ静かで、忙しく観光するより、ゆったりとリラックスしたいという人にお勧め。ぐっすり眠って、遅めの朝を迎えたら、じっくり美味しい朝ごはんを味わって一日をスタート。インフィニティプールで日差しを楽しみ、水から上がったらお気に入りの本をおともに午後のワイン…そんな贅沢な時間を楽しむのにぴったりの場所です。

→詳しくはこちら

06.
COOKING & NATURE EMOTIONAL HOTEL

ポルトガル|アルバドス

35286a54d3c907434ecb11efb5c0db701b123166

「クッキング・アンド・ネイチャー エモーショナル・ホテル」とは、何とも直球なネーミング。でも、ここで期待できるのはその名の通り感情に訴える、情緒溢れる風景とグルメな食体験。ライムストーンの丘と陰った洞窟、そして“アドベンチャー”、“ロマンス”、“サウダージ”など、様々な雰囲気とエモーションをテーマに、一つひとつデザインされた客室…。

食に関しては、食べるだけでなく、モダン・ポルトガル料理を得意とするシェフの指導の下、地元産のチーズやオリーブオイルやワインについて学びながら、自らクッキングに挑戦できるんです。

→詳しくはこちら

07.
THE WHEATSHEAF

イギリス|ノースリーチ

B7673e7935059af4e751573eca355f49aba9754c

ドリンクと美味しい食べ物と居心地良い寝床を用意した、伝統的な英国式パブ(パブリックハウス)のコンセプトを、理想的な形で実現したのがここ「ザ・ウィートシーフ」。

主役となっているのは、典型的なイギリスの田舎料理を近代的にアレンジしたその食事。デザインに目がない人も、気取らずとも洗練されたインテリアに心躍ること間違いなし。とりあえずはダイニングルームに腰を下ろして、エレガントな素朴さに身を委ねてみましょう。

→詳しくはこちら

08.
TIERRA CHILOE

チリ|パタゴニア

6dae8ae42c71e1b5b8ddc3f8b0a72c237fc490ed

南米の国チリで、冒険心あるアウトドア派トラベラーに向けた高級ホテルを複数経営する、ティエラグループが新たに傘下に置いた「ティエラ・チロエ」。

環境に優しいホテルの建築デザインはさることながら、ここでの一番のアトラクションは、目の前に広がる青い海。ベッドに寝そべりながらでも、ガラスに包まれたロビーラウンジでこの国自慢のカルメネールを味わいながらでも、はたまたホテル所有のボートの上からでも、じっくりとその清らかな水の美しさをお楽しみあれ。

→詳しくはこちら

09.
PHUM BAITANG

カンボジア|シェムリアップ

26cf58282101718e51c6fb3d6500903f4cdfb93a

アンコールワットへの玄関口となったこの辺りに、かつて広がっていた村をイメージしてデザインされたという高級リゾートホテル「プーム・バイタン」。

田んぼや丁寧に刈り込まれたガーデンに囲まれて立つのは、スティルツの上に造られた藁葺き屋根のヴィラ。カンボジアの伝統的なスタイルを五ツ星式に提案するこのホテルでは、オープンスペースの客室空間と、そこに置かれた質の高い調度品、そこから眺める背の高いヤシの木と水面煌めくプールを楽しみましょう。

→詳しくはこちら

10.
THE OLD CLARE HOTEL

オーストラリア|シドニー

5f508f5ce4ed68b2a7919b445b5e1ed56b8bac36

シンガポールのホテリエ、ロー・リク・ペン氏の目を見張るセンスには、かねてから感動を受けていた私たち。その彼が今度は、近年ホスピタリティーシーンがどんどん活発化しているシドニーに進出。

「ザ・オールド・クレア・ホテル」は、丁寧に修復した歴史あるディテールと、超モダンかつ超高級な新設要素を組み合わせ、オープンと同時に、世界のデザイン中毒者の“行ってみたいホテルリスト”のトップに躍り出ました。

→詳しくはこちら

ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...