自分でデザインしたワンピースを着てみない?

「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。

Picture This Clothing」は、そんな女の子たちの夢をかなえるサービス。ぬり絵がそのままワンピースになっちゃうんです。

デザイナーは「私」

4aaaaf00d784af0d84cb200f8fe16c4e6d8d5805

以前、子どもの描いた絵がそのままぬいぐるみになるサービスを紹介しましたが、こちらは、ぬり絵がそのままワンピースになるというもの。

Tシャツの前面にオリジナルプリントをするというサービスは見かけますが、これは全体にプリント。世界中どこを探したって見つからない、オリジナルのワンピースができるんです。

Bc8948922fc60976d21a12ea7cdab757fc05567b9ff30f34da62ee05ccc32549ba0741907d58b89a

デザインは
「ぬり絵」のように。

注文プロセスは、いたって簡単。

1.注文したいサイズのワンピースのテンプレートを「Picture This」からダウンロードして印刷。

2.ぬり絵と同じ要領で、ワンピースをデザイン。はみ出さなければクレヨンでも色鉛筆でもなんでもOK。

3.スマートフォンなどで撮った画像を「Picture This」にアップロードして送付。

注意すべきポイントは、画像を撮るときになるべく色がはっきりとわかる明るい場所を選び、影がかからないようにすること。あとは届くのを待つだけ。絵は服の両面にプリントされます。

38123aa2ae037212ae329fff2ca2b7b2a9ae278e

こんな風に、袖裏にはデザイナーとして自分のサインまで入れられるので、記念になること間違いなし。お気に入りの人形ともお揃いです。

ママのアイデアが
想像以上のビジネスへ。

Cea8b020b8fd02e7b9805ff5106b0437b7d56a69

「Picture This Clothing」を立ち上げたのは、ジェイミー・ニューベリーさんとその仲間たち。2人の娘を持つニューベリーさんは、娘の絵を服にしたところ、友人やその両親からとても好評だったため、ビジネスにしようと思い立ったんだそう。

でも実際にビジネスとして考えると、絵を忠実に再現するにはコストが掛かりすぎるというところがネックに。そこで、ぬり絵のようなテンプレートを用意し、その形通りに白い生地にプリントし、縫製するという方法に至りました。販売開始前にTwitterで紹介したところ、ウェブサイトには数時間でサーバーが落ちるほどのアクセスが殺到。現在は、アメリカ国内でも納品に約6~8週間かかるほど注文が殺到しているとのこと。

「お気に入りのデザインを選ぶのは難しいわ。今までの5,000枚以上のワンピースを出荷したけれど、どれも素敵だったから」

2017年には、Tシャツも。

今のところはワンピースだけですが、2017年にはTシャツや小物などのパターンも増やし、サイズ展開も広げる予定。男性物や大人用にも期待の声が上がります。

価格は、1着につき45ドル。15ドル追加でアメリカ以外への発送も可能ですが、到着まで約50~60日ほどかかるそう。

Licensed material used with permission by Picture This Clothing
人目を気にしながら着替えるのって、結構手間ですよね。そんなときに役立つのがコレ。まずは脱衣の仕方から。はじめに、ワンピースを腰まで上げて、首ひもをブラの下...
屋外でスポーツを楽しんだあと、男性たちのようにその場で汗だくのシャツが脱げたら、どれほど楽なものか。トイレや車の中で小さくなって着替えるあのストレスを少し...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
よくよく考えてみると、「ハンコ」はとても画一的なものだと思う。というより、そもそもそこに個性を求める人なんていなかったはず。自分の苗字が普通に押印できれば...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。今回紹介する「C...