旅するシェフの「世界のごちそう」を、自宅で楽しもう!

旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふかのバゲットを頬張りたければフランスへ行けばいい。と、こんなふうに。だけれど、そんな気軽に旅に出られないのも現実だろう。飛行機に乗らずとも、世界の味を楽しめたらどんなに素敵だろう。食いしんぼうとしては、そんなことをつい夢見てしまう。

みんなにも味わってもらいたい。
その想いが人をつないでいく。

27d983d0c55e532115c281b0f85d893b3a9a3078

神戸に、世界を旅しながら、その土地の味を覚え、帰国後、195か国の料理を作ったシェフがいる。自分が住んでいる国以外のごちそうを味わうことで、その土地を身近に感じてもらいたいと、食を通じた様々な活動に取り組んでいる本山尚義さんだ。

69da4b7fa910f6038776fd4ceb2de7d51293be7c

本山さんは33歳の時に世界の味を楽しめるレストラン『世界のごちそうパレルモ』をオープン。そこで、195か国の料理を2年かけて提供する「世界のごちそうアースマラソン」を開催した。旅先で味わった料理を日本でも食べられることや、現地に行かなくても旅行気分を味わえると、とても好評だった。

世界のごちそう、いただきます!

515cf6b8516f458b34c1545b1fd6b12d68c89d67

家庭でも気軽に世界の料理を味わってもらいたいと作られたのが『世界のごちそう博物館』だ。化学調味料は使わず、具材を大きめに切ってうま味を引き出すことで、できるだけ、お店と同じような味わいを楽しめるよう工夫を重ねた。パッケージの可愛らしいイラストは、もともとレストランの常連客であったイラストレーターによるもの。ひとつひとつ、本山さんの手によってパッキングされて、私たちの手元に届くのだ。

Eb30653bb736c74c6627989beb175cbde1147ca1

シリーズの第一弾で、今なお定番で人気があるのは、アメリカの煮込み料理、ガンボである。オクラ、玉ねぎ、トマト、鶏肉などからでるうま味がベースとなる、アメリカのスローフードだ。オクラは、アメリカが原産でかつては「ゴンボ」とも呼ばれていた。カレーライスのように、白いご飯の上にたっぷりかけていただくと、とっても美味しい。

44905026e25bcbecc78c433a00cd2b4e064f8294

世界の料理を食べること、世界に関心を持ち、その国の現状を知り、何かアクションをおこすこと。この想いは、レストランの厨房から『世界のごちそう博物館』のほか、執筆、講演活動まで広がっている。そして、現在、完成すれば、おそらく世界で初めての全世界のレシピ本となる、195か国のレシピ本を作るためのクラウドファンディングも始まった。

世界にはさまざまな国があり、人が住み、料理を作り、食べている。いつ、どこで、何を食べるのか。食材はどこで手に入れるのか。レシピや食材にはどんな歴史があるのか。こんなふうに、ひとつひとつに投げかけてみると、世界の料理を食べるということは、単におなかを満たしたり、美味しさを追求することではなく、その国の文化に直に触れることなのだと分かる。本山さんが覚えてきた世界の味は、そのまま、私たちの生きる知恵へとつながっていくのだ。

Licensed material used with permission by 世界のごちそう博物館, ライツ社
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
ナショナル・ジオグラフィック、ロンリープラネット、BBCなどをクライアントとするフォトグラファーPascal Mannaerts。もう10年以上にわたって...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...