大きくて、ふわふわ。イギリス生まれの『Ben's Cookies』ついに日本上陸!

どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなどである。先日も、オーストラリアを旅した友人にねだって、市場の人におすすめしてもらったという『Ben's Cookies』をお土産にもらった。大きくて、ふわふわの食感にやみつきになったファンが世界中にたくさんいる、イギリス生まれのクッキー屋さんだ。

一枚一枚、
ていねいに焼き上げます。

お菓子づくりに慣れていない人でも、はじめてのお菓子づくりにクッキーを作る人は多いだろう。『Ben's Cookies』は、私たちにとって身近なクッキーの、これまでのイメージが変わってしまうほど、とってもスペシャルなクッキーなのである。 まずは、そのふわふわとした、いかにも美味しそうな佇まい。そして、ナッツの重なり具合や、とろりとしたチョコレートがのぞく美しいデザイン。

クリスマスを間近に迎えた12月13日(火)、日本に上陸した『Ben's Cookies』。記念すべき1号店は、東京・自由が丘。イギリスの1号店同様、ガラス張りの厨房を設け、出来立てほやほやの手作りクッキーを提供している。作り手が分かると、一層愛着を持ってそののものと触れ合うことが出来ると思う。一枚一枚、ていねいに焼き上げる光景を目の前で見ていたら、きっと、クッキーをより身近に感じることが出来るだろう。

大切な人にプレゼントしたくなる、
かわいいパッケージ。

イギリスで人気の「ダークチョコレートクッキー」や、マカダミアナッツがごろりと丸ごと入った「ホワイトチョコレート&マカダミアクッキー」など、上質なベルギーのチョコレートをたっぷり使ったレシピが16種類も揃っている。赤い紙のパッケージや、まあるい缶も用意されているので、大切な人を想い浮かべながら、プレゼントするのも良いだろう。モンブランの発祥の地であったり、老舗から話題のお店まで、何かとスイーツに溢れた街である自由が丘という土地と相まって、さらに輝く場所になることだろう。

Licensed material used with permission by Ben’s Cookies, エモト自由が丘
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
かつてイエスは、4人の漁師を弟子にする時に言いました。「今から後、あなたは人間を獲る漁師になる」と。そのうちのひとりは、のちの初代ローマ教皇。イエスの死後...