「命を懸ける価値がある」。世界最難関の岩壁を制した最強の登山家たち。

山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが始まります。

淡々と登山の様子が記録されているわけではなく、ドキュメンタリーとは思えないほどドラマティック。まずは、スリリングな予告編を。また、未公開の映像も公開されているので、合わせてチェックしてみましょう。

この作品は、“エベレスト登頂とは別次元の難しさ”で知られる、ヒマラヤ山脈メルー中央峰の岩壁「シャークスフィン」への挑戦を撮影したもの。前人未踏の世界最難関とも、残された最後の大物とも呼ばれていました。この映像からは、わかりづらくもある登山の過酷さが、細かいところまでビシビシ伝わってきます。

メルーはエベレストと違ってシェルパ(案内人・サポーター)の力を借りられません。足だけで登れる場所はほとんどなし。アイスクライミングやロッククライミングの高い技術を持っているだけでも、高度に強いだけでもダメ。

そんな場所を荷物を背負って登りながら、撮影までしていたんです。過酷な状況下で笑い合う彼らの様子や信頼関係、友情、決断。どれもエクストリームすぎて目眩がしそう!

「死ぬときは一緒さ」

挑戦したのは、リーダーであるコンラッド・アンカーのほか、撮影を手分けして担当したジミー・チンとレナン・オズタークの3名。全員世界的に有名なトップクライマーです。

ほかのスポーツや仕事でも、決断や思考プロセスには共通するところがありそうなもの。ですが、登山家はその一つひとつが直接命に関わってきます。それなのに、信じられない状況でもまだ登るのをやめないのが彼ら。生死を懸けた決断の数々はもちろんですが、彼らの帰りを待つ家族や恋人にも焦点が当たっており、感情移入してしまうせいで余計にハラハラしてしまうのです。

なぜ、そうまでして山に登るのか?

知れば知るほど理解できなくなるというのもホンネかもしれません。ここは、本人に直接話を聞いてみることに。

Fd07bf4013a51c7bd71f08dc9892acbf7fcae855

ナショナルジオグラフィックの山岳カメラマン
映画『MERU/メルー』の監督

ジミー・チン

「登山家は、登山という名の宗教で修行している僧侶のようなものなんです。私の場合は子どものときからスキーが大好きで、たまたま自分がハッピーでいるために必要なことが山でした。当時からふつうの人生は送れないと思っていましたよ」。

E3dd130549678d8301613f14c80db13c5ff666ca

ーー登山家になるきっかけになったような、人との出会いや出来事はあったのでしょうか。

「とくに明確な何かがあったわけではなく、いろいろなことが複雑に関係しています。大学を卒業したあとは、車に寝泊まりしながら登山する生活を始めて、7年くらい続けていました。バンよりだいぶ狭くて、必要最小限の生活。よくある話です」。

「お金がなかったから、ベニヤ板の上で寝るか、外で野宿するか。洞窟があったらそこに入ったり、林の中から夜空の星を眺めたり。周りにいたみんながそうで、凄く理解し合える仲間は多かったと思います」。

Ba0bcd26aaec2c7c3e041369debb42bb20575abc

ーー当時から今までを振り返って、大切にしている考え方があれば教えてください。

「…人生は苛酷です。重要なものは簡単には手に入らないし、到達できません。山も同じ。だから、その過程を楽しむことが大切だと思っています。相対的なものをいっぺんに見るのは不可能で、一歩ずつ進まなきゃいけませんが、軽視してもいけない。何に重きを置くかと言えば、小さなステップを重ねていくことでしょうね」。
84dc4038b8f017905521ee9c8042593557a30944

ーー登山に写真やお守りを持っていって、家族のことを思い浮かべることはあるでしょうか。

「常に、頭の中ではリスクの計算をしています。こうしたらこうなるだろう、という結果とその確率のこと。テントを設営して寝る前の数時間はゆっくりできるけれど…、やっぱり天候の変化や明日の状況を心配しています。山のことは頭から離れません」。

「家族の写真については、ベースキャンプまでは持っていけます。が、そのあとは軽量化のために登山と撮影に必要なもの以外すべてを置いていかなければなりません。メルーのときは、3人で90kgの荷物を持っていきました。そのうちカメラだけで7kgあったんですよ」。

1ccaf30fe9ed5829927c38424067480a9c325d7c

ーー登山と撮影の両立は難しいのでは?

「そうですね。まずは登山ありきで、撮影は二の次です。撮れる時に撮って、チームを待たせないこと。そして、絶対にカメラを落とさないことがルール。ただ、メモリーカードの交換には一番神経を使いましたよ」。

2c0c85503c70b607a7fc57379d567d1f25dc1e01

ーーメルーも含めて、今までの写真でとくに心に残っているものはあれば教えてください。

「うーん。1枚だけ?強いて言うならエベレストかな。とても気に入っています」。

7037956f16fa9bdad353414f13293163112b9744

ーー山頂からスキーで滑降されたときでしょうか。雪崩に飲み込まれながらも奇跡的に無傷で生還した話には驚きました。どんな体験だったのでしょう。

「事故を起こしたときのような感じ。雪ってすっごく重たくて、堅いんですよ!100キロくらいのすっごいスピードで流されながら、何十キロもの重さが体の上に覆いかぶさる」。

「机や本がガサーっと落ちてきたみたいで、全然ふわふわしてない。ものすごく恐かったですね。下まで流された後に、手足がちゃんとくっついていることに驚きました」。 

33e5c65dc14ca637b9a5f2a0a93b06ebd816abbd

ーーメルーを登頂したときの歓喜の叫び声が印象的でした。かなり興奮していたのでは?

「じつはあの時、ほっとしたんです。山頂だと思っていた頂きが、実は本当の山頂の手前にある頂きだったことを意味する、フォルス・サミットという言葉があります。果てしなく高い壁に何度も挑戦していたから、登りきった時もしかしたら本当の頂上はまだ先にあるんじゃないかって、あたりをキョロキョロ見回していましたね」

D7008c1566e3aee1382781b3a601c6a580b81dae

ーー最後に、いつもどんなトレーニングをしているのか教えてください。

「私の場合は、とにかく山に登るだけ。現場でクライミングに集中することが一番大切だと思っています。ジムと違って、その場の環境や天候の変化を見て、リスクを計算できること、早く動き、早くギアを着脱できること、そういうことを考えずにできるまで体に染み込ませるんです」。

C4b6610142916eaf90a32dd22d609b577b7b973e

「ここに住んでいたんですよ!」。
と嬉しそうにヨセミテの写真を指差すジミーさん。

話してみると笑顔も多く、とても無邪気なジミー・チン監督。しかし、ときおり見せる表情や振る舞いからは、厳しさや冷静さも伝わってきました。

登山家がなぜ山にのぼるのか。少なくとも彼にとっては、ライフワークというのが自然なのかもしれません。

映画『MERU/メルー』は、12月31日(土)大晦日より全国ロードショー開始。迫力ある映像は、ぜひ劇場で。彼が大好きなキャンプめしを食べている様子や、登頂の瞬間を見ると、まるで自分が山を登ったかのような感覚にも。年末年始に、この感動をぜひ!

Licensed material used with permission by (c) 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...