お土産のボトルを無事持ちかえる「過保護なワインバッグ」

日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。

まあ、1本や2本ならば(4本以上は関税申告が必要)洋服やタオルにくるんで旅行カバンの中でも構わないし、よほどのことがなければ、割れたり、液体がもれ出たりなんてことにはならないけれど…。でも、これにしたってスーツケース前提のはなし。

ここでは、あえて旅慣れたバックパッカーは置いといて、安心を買う人たちに向けてオススメしたいと思います。

赤ちゃんを抱くように
大切なワインをしっかりホールド

6539e540d6dbaa8576c1224c5247f851908290fa

「WineCradle」は、浮き輪のように空気を入れて膨らませ、ワイン(ビン入りならばなんでもOK)を衝撃から守るためのバッグです。ボトルを入れたらバッグの外側から空気を入れて膨らまし、面ファスナー(マジックテープ)で口を固定する。手順はこれだけ。

それをCradle(ゆりかご)なんて、いとおしく呼ぶあたりにも好感が持てます。

コンパクトにたたんで
何度でも使用できる

F583d8b5ac8ffa7e44e37a4849ef59b58a4c0efa

実際、ワインボトルを保護するバッグは類似品もたくさんあるんだけれど、じゃあ美術館に展示されるような高いデザイン性が本当にいるのか、1回使ったらおしまいの簡便なものでいいのか、と思うわけですよ。

最初にも触れたとおり、用途は手持ちのためのバッグではなく、あくまでカバンの中。ならばコンパクトにたためて、何度でも使えることの方を優先したいな。WineCradleの価格は1つ1,980円。Amazonでも取り扱いがある商品です。

Ed077f741f458dead82ca09c5ace124d143f4dd1

パッケージもなかなか良くて、なんならこのまま誰かにプレゼントしたっていいかもね。

ちなみに、一般的なワインボトル(750ml)から、マグナムボトル(1,000ml)までをしっかりガード。グラスといっしょにマグカップを入れたりもできるそうだから、タウンユースにもアウトドアにも応用できそう。

Licensed material used with permission by Heveas ApS
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
世界遺産に登録されてからというもの、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気の富士山。たとえ一度も訪れたことがなくても、この山にスピリチュアルなものを感じて...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...