上司や部下を「変えたい!」と思うなら、本当に変わるべきは「あなた」かもしれない

「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがあるでしょう。だからといって、変えてやろう、と思うのは逆効果です。

そこで参考にしたいのは、企業の人材育成や組織開発をサポートしている三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』。そこには、相手を変える前にまずは自分からということが説かれています。新たなる人間関係を形成していくために、その具体的な方法を読み解いていきましょう。

相手を変えるためには
「自分が優秀でなければならない」
と思い込んでいませんか?

Af21fe226e3ca8ae14facf0671b585d5f8809702

「目の前の相手を変えることができる人」と聞いて、どんな人物が思い浮かぶでしょうか?影響力のある人、説得力のある人、尊敬される人、などは相手を変えるための力を持ち合わせていることは確かだと思います。

しかし、これらの要素は相手を変えるために、絶対的に必要とされる条件というわけではありません。それはただの「思い込み」です。いくらあなたが優秀だからといっても相手が変わるわけではありません。優秀であることが無意味だと言っているわけではなく「相手を変えるためには、自分が優秀でなければならない」という思い込みから、あなた自身を開放してほしいのです。

相手を変えるために必要な力は、自分が優秀であることではなく、さらに相手を変えてやろうという意思でもありません。必要なのは、自分の考え方や相手との関係性など、相手を変えるための習慣を変えること(=習慣力)なのです。

強制的に相手を
変えようとするのは逆効果

1c9755b65b3f1532a489b85befd867bb50e2b773

人が変わるプロセスのなかで大切なエネルギーとなるのが、「モチベーション」です。自分で変わろうというモチベーションがあるのと、他人から強制されるのとでは、どちらが変わる確率が高いでしょうか?その答えは明白ですよね。

強制する人に影響力がある内は、心の奥底に抵抗がありながらも変わるかもしれませんが、影響力がなくなったり、影響力外の環境では持続しにくいもの。親の監視下ではちゃんと勉強する子が、親が見ていないときにサボるケースがあるのと同じことです。

このように、強制的に相手を変えようとするのは逆効果です。本当の意味での変化にはなっていないのです。

部下のモチベーション低下は
まるでボディブロー

30ce026c1e793236290a8fca47defced67457e73

部下の仕事に対するモチベーションを上げたい、と考えている人も多いと思います。ここでは、あなたが部下という設定で、上司から下記の行動を受けたとイメージしてください。

・ダメ出しをされる
・できないことだけを指摘されて、できることを認めてもらえない
・ちゃんと見てくれている感じがしない

いかがですか?指摘されて変わろうという気になりましたか?

あなたも部下のモチベーションを上げる前に、下げてしまうような言動や行動を繰り返していませんか?私たちは意識せずとも、このようなことをしがちです。もし日常的に上記のようなことが行われていたとすれば、そのダメージはボディブローのように効いてきます。

相手に変わってもらうための前提として、大切なのは、相手のモチベーションを下げるような行為を繰り返さないこと。もし少しでも心あたりがあれば、捨てるべき習慣です。

その関係は、どんな関係?

結論から言うと、相手を変える習慣力において最も大事なことは「相手との関係性」です。あなた自身のことももちろん大切ですが、根本的なものは、どちらか一方がどうこうというわけではなく、関係性なのです。昨今、コミュニケーション能力がますます重要視されていますが、このコミュニケーションの真の目的は、関係性の構築にあるといえます。

関係性の構築は、ビジネスをする上でもっとも大切なことです。例えば、営業職の仕事で最も大切なことは顧客との関係性の構築ですし、リーダーの仕事だってメンバー、他部署、そして他のステークホルダーとの関係性の構築が重要です。

まわりの人であなたが「良い営業だな」とか「良いリーダーだな」と思う人の顔を思い浮かべてください。おそらくその人たちは、関係性の構築がしっかりとできる人でしょう。

すべての人と自分は
「ヨコの関係」である

9ca512df086b5cd40f248ce7f7084b01478e0240

上司、部下、クライアントなど、良好な関係を築くことができるかどうかの最も大切な土台は「ヨコの関係」にあります。人と人は、基本としてヨコの関係。上下関係があるのは、あくまで上司と部下という会社の仕組みの中にあるものです。

まずは上下関係を手放すことから始めてみてください。もちろん、仕組みの中の上下関係を無視しろというわけではなく、すべての人と自分はヨコの関係にあるという考えを持つことを徹底させるのです。

社会的仕組みはドラマのように設定されたもの。その舞台では、あなたがたまたま上司や部下の役柄を演じている感覚を持ってください。大切なのは「あなたと私は、人として絶対的にヨコの関係だけれども、この会社の仕組みの中で、たまたま上司と部下という上下関係の役柄を演じているだけ」と平等的な考えを持つこと。そうすることで、相手を変える土台作りができます。

ヨコの関係を意識するなど、自分の対応が変わると相手も変化していくはず。土台作りをしっかりして、相手を変える習慣力を身につけましょう。

統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
あなたが「部下を変えたい」と思ったとき、どんな手法を使って変えようとしていますか?やはりダメ出しや説教になってしまっているのではないでしょうか。企業の人材...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...