【読んでもらいたい vol.6】いい香りの花束とともに街を歩く。さりげないけど楽しい、大人のパリガイド

たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方があるでしょう。

村上香住子さんの『パリ・スタイル』では、蘭の女王と称されるカトレアについて、花言葉のみならず、フランス文学でどのように扱われていたのか分かる一文が、記されています。

二十世紀のフランス文学を象徴するといってもいい『失われた時を求めて』のマルセル・プルーストは、“女性を抱く”というのを、ソフィスティケートな表現で“カトレアをする”といっていた──。

なんてロマンチックなのでしょう。確率はゼロに近いけれど、今後もし、男性からカトレアをプレゼントされたなら、プルーストの言葉を思い出して、勝手に舞い上がるかもしれません。

たとえ、男性から贈られなくても、毎日頑張っている自分へのご褒美や、仲の良い友だちとの久しぶりの再会にプレゼントしても喜ばれると思います。忙しさを言い訳に女を怠けそうになった時、優雅に佇むカトレアを見れば、背中がしゃんとさせられそうです。 

カトレア・マニアが愛する
「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」

E71aee620517c183ccc3ba551dc6acbd37499fa5

カトレアについてつらつらと説明しましたが、本著で「日本ではどこへ行っても胡蝶蘭しか見かけない」と綴られているように、じつは私も実物を見たことはありません。

しかし、海を越えて、パリのセーヌ川のほとりまで足を運べば、フランス内外から取り寄せた色とりどりの蘭と出会うことができます。

フラワーショップ「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」は、いつ足を運んでも、丁寧に手入れされた花々が、それぞれ気持ち良い距離感を保って並んでいます。パリのカトレア・マニアも行きつけなのだとか。近い将来パリを訪れる予定がある方は、行きたい場所リストに入れておいてはいかがですか。

All Photo by 在本彌生

パリ・スタイル 大人のパリガイド(著:村上 香住子)

もしすぐにパリにいけなくても、読むだけで、パリの人々の息吹や、街の時間を味わえる一冊です。20年間ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家としてパリを日本に紹介してきた村上香住子さんによる、きわめつけのアドレス286。本物の、でもさりげなくて、居心地いい、楽しいパリが満載。

近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
日本人の憧れ、パリ。アーティスティックな雰囲気が漂い、花が咲き誇るその街並に魅了される人は少なくない。今回紹介する「In Love in Paris」は、...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
パリの老舗デパート、ボン・マルシェの近くにひっそりたたずむ教会って知ってる?“奇跡のメダイ教会”って呼ばれていて、世界中からたくさんの観光客が訪れる場所な...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...