おウチでテイスティングコンテストのススメ 〜ネスプレッソが生む新たなコーヒー体験〜

お気に入りの専門店で購入した豆を自分で挽いたり、ドリップする道具にこだわったり。コーヒー好きにとって、家での楽しみ方にはさまざまな形があるもの。

本格的なコーヒーをボタン操作一つで手軽に楽しめる『ネスプレッソ』も、そんな選択肢の中のひとつ。そのブランド名や、映画のようにリッチな雰囲気のCMは知っているけれど、実際には飲んだことはない、という方も多いかもしれません。

ネスプレッソは「至福のコーヒー体験」をコンセプトに掲げています。ジョージ・クルーニーがCMの中で口にする「What else?(これ以外何があるの?=これ以外ないよ!)」という決め台詞にもそんな意味が込められているのでしょう。

いったい、ネスプレッソの何が、どのように、「至福のコーヒー体験」を提供しているのか?それを感じられるイベントがあるというので、今回お邪魔してきました。

コーヒーなのに「ブティック」?

69d6d2377a414986b0300666844307531cd05181

ネスプレッソのカプセルコーヒー"グラン・クリュ”でできたクリスマスツリーが出迎えてくれたこの場所は「ネスプレッソブティック表参道」。ネスプレッソの直営店で、コーヒーやコーヒーメーカーの販売だけでなく、セミナーやレシピ会といった「体験」を提供しています。

コーヒーショップなのに「ブティック」と銘打つだけあり、このクリスマスツリーも含め、店内は洗練された空間となっています。こんなところから「至福の体験」は始まっているのかもしれません。

今回訪れたイベントは、「Nespresso Gold Capsule Contest 2016」のメディアデー。このコンテストは、ネスプレッソの24種類の"グラン・クリュ"の中から、7種類をテイスティングして、コク、香り、味を評価し、正確性をポイントで競うもの。

実際にはコンテストに応募した一般の方が参加するものですが、この日は特別にその内容を疑似体験できる+ネスプレッソの秘密を色々と教えてくれるという内容でした。

まるでダイアモンド。たった1-2%のグルメコーヒー

Da598de23fd95b8eb594273e5cf0c2c4f2a2d599

ネスプレッソは今から30年前の1986年にスイスで誕生しました。開発担当者がイタリアで飲んだエスプレッソに感動し、家庭でもバリスタが淹れたような「至福のコーヒー」を、という想いから生まれたそうです。

その想いを実現するため、ネスプレッソは「From cherry to cup(コーヒー豆からカップまで)」をコンセプトに、コーヒー豆の生産からすべての工程に携わっているんだとか。

そうなんです。ネスプレッソって、カプセルの中身は正真正銘、ブレンド・焙煎・粉砕されたコーヒーが詰まっているんですよ!それも、ネスプレッソのコーヒーとして選ばれるのは、世界のコーヒー総生産量のほんの1〜2%のみの高品質のコーヒー。その基準の厳しさたるや、まるでダイアモンドのようですね。

ちなみに解説してくれたのは、ネスプレッソのコーヒーアンバサダー・上野里佳さん。このコーヒーアンバサダーも、各国のネスプレッソに一人ずつ、現在全世界でたった20人しかいないんだそうです。

もちろん、持続可能性も追求している

E1b10a5b2cf2900c9e98592fa016506186ebd94b

ネスプレッソはコーヒーの品質にこだわるだけじゃなく、その品質を持続できるよう、コーヒー農園の環境や生産者の環境にまで目を配り、地球環境や社会に貢献する一杯のコーヒーを目指しています。取り組みの詳細は、ネスプレッソ「The Positive Cup」のページでご覧になれます。

ホームパーティでやったら盛り上がりそう!テイスティングコンテスト体験

89fc80b05fac6e0c8888e1fdfd2c2c7c957dafa7

さて、いよいよメインイベント「Gold Capsule Contest」体験です。このコンテストはもともと、ネスプレッソの社員がテイスティングの質を高めるために開催されたのが起源なんだそうです。

この日は、「ルンゴ」「エスプレッソ」「シングルオリジン」「インテンソ」の4つのカテゴリーで飲み比べをさせてもらいました。

74c481093ca9d86989adeb7e84f9452ac2b3a9d4

それぞれのカテゴリーに分類された"グラン・クリュ"を、2種類ないしは3種類ずつ飲み比べ、上記のようなガイドブックを頼りに正しいコーヒーを当てていくワケですが…これがかなり難しくて面白いんです!

 

E225da00f4a353f49b2f9afb4d55c6b219a4c7a9

ポイントはアロマの特徴と味覚の特徴をいかに捉えるか。「甘くビスケットのような香り」「かすかに感じられるフルーティーな香り」「軽くトーストされた穀物の香り」「スパイシーなアロマ」「深いコクとココアのような香り」…

そう言われれば、全部そうとも感じられるし、アロマに集中していると「間違いなくコレのことだ!」と感じるものが得られたりもする。こんなに真剣にコーヒーと向き合うこと自体、なかなか味わえない体験です。

もしネスプレッソのコーヒーメーカーを持っていたら、例えばホームパーティーなんかで人が集まった時のゲームとして、こんな形でテイスティングコンテストをやると、いい盛り上がりが作れるのではないでしょうか?

これもまたネスプレッソの提供してくれる「至福のコーヒー体験」と言えそうです。

E3b3d2afdcbda911d83679f8f8f0a76c15575218D0b12b11548cec05ac42e06663f448abcb572e49

ちなみに、実際のコンテスト優勝者には、刻印入り「リヴィールグラス」と特製ボックスに入った"グラン・クリュ"の詰め合わせが贈られるそうです。

新しいコーヒー体験を求めるなら「ブティック」へ行こう

1699336d6d8cf774e4e55fbe351a741369d82b21

ここまで読んで、「どんな味だろう?」「どんな種類があるんだろう?」「コーヒーメーカーが見てみたい」と思った人、百聞は一飲にしかずです。気軽にブティックへ足を運んでテイスティングしてみては?

ネスプレッソのことを知り尽くしたスタッフが、些細なことでも丁寧に教えてくれるし、冒頭でも触れたとおり、アレンジコーヒーのレシピ会にも無料で参加できる※ので、新たなコーヒーの楽しみ方がきっと見つかりますよ。

※レシピ会はインターネットでの事前予約をおすすめします。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
ブラックが苦手で、ミルクと砂糖を必要としてしまうし、コンビニでは決まってカフェラテを頼んでしまう。根っからのコーヒー愛好家さんたちとは違う立ち位置であると...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。ちなみに...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...