ミニマルな壁掛けは「野生動物保護」のメッセージだった

お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょうか。これは「ハンティング・トロフィー」呼ばれるもの。とくに欧米では昔からスポーツとして狩りをする習慣があるので、獲物の剥製を家に飾っていたわけです。日本に例えると、釣った魚の大きさを自慢するために魚拓を飾っているような感覚でしょうか?

しかし、楽しみのために動物を殺すのは残酷だ、という考え方や、商売目的の密猟によって野生動物が絶滅の危機に瀕したりする問題から、近年では本物の剥製の代わりに木製の作り物などを飾るようになってきています。

そんななか、あるアーティストの活動が注目されているのです。

ひと筆書きの動物たち

928506d2986bc7fc150b65600deb489ddde0b807

アーティストのアントニー・テステッドさんが作っているのは、一本の線を使った芸術的なハンティング・トロフィー。その代名詞とも言える鹿はもちろん、バッファロー、ライオン、ゾウ、さらにはクジラも作品にしています。

彼の作る動物たちは、平面ながらもとても立体的に見え、今にも動き出しそうなのが特徴のひとつ。

アントニーさんがスケッチしたデザインをもとに、ロンドンの「HU2デザイン」が木板を加工。装飾品に特化したブランドですが、環境に優しく再生可能な材料を使っているのだそう。

利益の10%を
野生動物の保護活動に寄付

55262e52dd3b01990a8e98386245edf5fc3a8cde86c4580f7fba0d34def34e2db9d55477fb091e3e3ca8ab47074947272312075f5aa537b1f5d4b66c

また、アントニーさんとHU2は、イギリスの動物保護団体である「ボーンフリー財団」に、トロフィーの利益の10%を寄付しているそうです。

「2007年に環境保全団体WWFの会員になりました。しかし私は、もっと現場で活動している小さな団体を支援したいと考えるようになったのです。そしてHU2の助けを借りて、利益の10%を寄付することで、ボーンフリー財団を支援することにしました。これは野生動物と環境を保全するために役に立っていると思います。

野生動物たちは、私に一番インスピレーションを与えてくれる存在です。私の作品を通して、世界中に野生動物保護の精神が広まっていくことを望んでいます。

そして、いつの日か、自分自身で野生動物の保護活動もしたいと考えています」

「コレクション」の
意味を考えてみよう

B949adf0e0c77e871c07d7c2f26dc9dfdeb9e92a

アントニーさんのトロフィー・コレクションは、オンラインショップから購入することができます。値段は日本円にして約2〜4万円程度。

さらにここでは、ハンティング・トロフィーだけでなく彼のデザインがプリントされた食器などもあります。

「剥製」ではないコレクションのカタチ。そんなことをふと考えるきっかけになるではないでしょうか?

D7fb6d6018dc4732500c66d6351b4d95b2bca6d9
Licensed material used with permission by TES-TED Studio
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...