オーストラリアのハチミツ農家が作った、何度も使える「ラップ」

料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?

オーストラリアでは、環境にやさしくてちょっとユニークなEcoラップが販売されています。

ミツロウを使った
オーガニックな「ラップ」

C1854efe4af33725e00f2a6598d08aa6a3f33635

HoneyBee Wrap」は、100%オーガニックのコットン生地に、蜜蝋(ミツロウ)・ホホバオイル・ココナッツオイル・天然樹脂を染み込ませたラップ。もちろんベタベタしているわけではないし、作りも意外と頑丈とのこと。

このEcoなラップは、オーストラリア最東端の街、バイロンベイにある工房でひとつひとつ手作りされているもの。繰り返し何度も使えるし、廃棄後は自然に還るのだそう。人にも環境にもやさしい製品として注目されています。

9f9c8adbba70f981325cfa3137a7a167558b0e3bB3f6cbdf291776846de612a8a6a0c472269202fbD93ad68a8cfb1d398be424fd129de5349b233821C8f636d942ed37c053c6242d1e3aaa6e77e6892aC5b7904a827f84b4951a606916b00ee1a985c14c

ハチミツ農家からの提案

Cca155bfc4cccdddeecf537d9e86c32a7b8e5cb403b6889e3319fc2290b57c102d8e9d86e4c5561f

そもそものきっかけは、ハチミツ農場「Byron Bay NSW」を営む家族が、もっと環境を配慮した活動はできないか、とプラスチックの代用品として考えたものでした。

世界的に見てもミツバチの減少は大きな問題になっていて、そこへの警鐘も意図したものだと言います。「INDIEGOGO」を使ったクラウドファンディングも行なっていて、少しでも多くの人に知ってもらいたい、と語ります。

抗菌作用で
食品が長持ちする?

プラスチックごみが減らせるというEcoな面が最大のメリットですが、ミツロウやホホバオイルには抗菌作用があり、食品の鮮度が長持ちするんだそう。

レンジの使用ができないことや、お湯洗いができないので肉や魚への使用には不向きといったデメリットはありますが、新しいラップの可能性を感じさせてくれます。

D184d4b65a3c51043b263cdd5e23a57605cb8764

また、手のぬくもりで柔らかくなるので、容器や食品にぴったりとくっつけることができます。使いかけの野菜をくるんで保存したり、おかずの残りの容器にフタをしたり。冷めると固くなるので、テープなどを使わなくてもフィットしたまま外れたりしません。サンドイッチや手作りのお菓子のラッピング代わりに使っても、可愛くていいですね。

お手入れは食器用洗剤と冷水でOK。食洗器での洗浄はNGです。丁寧に扱えば1年ほどは持つそうですよ。

44c5ad6ce74133b35dddb7945bc4831dcf897fc3

オンラインショップによれば、海外発送も可能とのこと。サイズは特大・大・中・小の4種類で、価格は14.00オーストラリアドル〜(約850円〜)。

色や柄もラップとは思えないくらい可愛いので、キッチンに置いてあったら料理するのが楽しくなりそうですね。

Licensed material used with permission by HoneyBee Wrap
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...