ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!

おそらく布団を整えないまま外出する人もいるでしょう。そこで、このGIFをご覧ください。

77172540408a1f35194d77fcd726c615d206ac51

試作段階の映像とのことですが、布団が自動できれいに!つまり、夜に疲れて帰宅したら、ベッドがきれいにメイキングされているということ。まるでホテルです。

この「ベッドを整える」という作業は意外に時間がかかるし、面倒くさいもの。また、見方を変えれば、お年寄りや体が不自由な人にとっては重労働でもあります。

そして、このプロダクトが「Kickstarter」でクラウドファンディングしていたのです。もうベッドメイクとはおさらばできるかも!?

スマホと連動して
決まった時間にベッドメイク

Medium e264475aed43aa8e4b23ae15839e0207751f7a26

SMARTDUVET(スマート・デュベ)」と名付けられた、この布団システム。構造はとても簡単です。グリッド状になったバッグに空気を送り込んで、掛け布団をまっすぐに、かつきれいに整えるというもの。

Medium ce939b7df4a585c099e1c3187ebb816bda3aa98c

専用アプリを使えば、遠隔からの操作も可能だとか。毎日決まった時間を指定しておけば自動でベッドメイクしてくれるし、曜日ごとの設定もできるので「日曜はゆっくり寝ていたいから遅めの時間に」なんてのもあり。

セットアップは
掛け布団カバーに入れるだけ

Medium 258e74dbe241dd79bde366024ce09b9a852a49f1Medium 4f737b98849bd10db37760ff8914ac667e690396

セットアップは、グリッド状のシートを、掛け布団と掛け布団カバーの間に入れるだけ。ズレないように留めておく付属の器具で固定し、空気を送り込むホースを繋いで準備完了。

本体は、ベッドの下にでも置いておきましょう。

シングル、ダブル、クイーン、キングとサイズ展開もばっちりで、専用の掛け布団ごと買うことも可能だそう。クラウドファンディングには成功したようなので、1日も早い市販化に期待したいところですね。

ちなみに、 Kickstarterではどのサイズも199ドル(約23,000円)でした。実際はもう少し高い販売価格になりそうですが、ベッドメイキングの手間から解放されること&毎日きれいなベッドに入れることを考えると、意外に安い買い物かも?

Licensed material used with permission by SMARTDUVET
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
視界の明るさが自動で切り替わるアイウェアが登場しました。特に自転車に乗る人にとっては便利かも!明るさを認識して、瞬時にレンズの色の濃さが変化します。 ロー...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
この動画を見てください!なんとスーツケースが…これは、「NUA Robotics」が開発中の「スマート・スーツケース」を紹介するコンセプト動画。Bluet...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...