ビールからできた「グラノーラバー」は、見つけたら即買いレベル

食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフトビールの副産物で、こちらもおいしそうなグラノーラバーに仕上がってます。

Medium 171101a30ccdaa539efdb8083f15c581fdb6a36d

“Eat Beer(ビールを食べよう)”をスローガンに、サンフランシスコのスタートアップ企業Regrainedが開発したのが、この2種類のグラノーラバー。もちろん、アルコールは入っていません。

では、風味づけや香りづけでもないのに、どこにビールが使われているかといえば、そのグラノーラの部分になんです。

ビールとしてはお役御免も
栄養価たっぷりの副産物

Medium d84727ee6918c2b5b1b5f730f25e42cba9001428

一般的なビールの製造において、用いられるのは主に4種の原料。水、麦芽、ホップ、ここに副原料として米やコーン、スターチなど。意外とシンプルです。

で、これを醸造していく過程では、たくさんの穀物が使われます。たとえば麦芽に含まれる酵素の働きででんぷん質が糖分になり、発酵してアルコールに変わる性質がある。そのため、ビールづくりにおいて欠かせません。この麦芽の大半は大麦からとれるもの。

ところが、大麦を始めとする大量の穀物も麦芽を使ってしまえば、あとは「不要なもの」として廃棄されていくのが、今の米ビール業界の現状だとなげくビール愛好家がふたり。Regrainedの共同創設者、JordanとDanです。

都市型ブルワリーに
循環型のエコシステムを

Medium 16697df3cf5078b6ee4cc9e2c86142a2d7ab0383

ビール製造時に原料となる穀物類は、使用された後、副産物として製造工場の近隣の農家に配られる、循環型の仕組みがアメリカにはあるんだそう。ところが、近年のクラフトビールブームも手伝って、多くの都市醸造家が増えたことで、こうしたエコシステムが機能しなくなっていることを危惧するふたり。

Medium bd81d0649fc1b403b91ccccde0d6a7f9bc73a246

もとは畑や家畜の肥料にもなるほど、使用後の穀物にはまだ栄養分が豊富に残っている。それをみすみす廃棄してはモッタイナイ…。そこに着目したことがグラノーラバーづくりのはじまりでした。

Regrainedいわく、このビールの副産物はアーモンドのように高たんぱく質で、食物繊維はオートミールの約3倍。また糖分の大部分は、すでにビールへと出てしまっているためほぼゼロ。なるほど、これが体に悪いわけがない。しかも、材料費は圧倒的に安く抑えることもできる。

Medium a8f69ec740fda49a2a5780405df2277d20daec10

と、こんなワケで発売が始まったRegrainedのグラノーラバー。お味はチョコレートコーヒーと、ハニーアーモンドの2種類。副産物の穀物にキヌアのパフを加え、オーガニックハニーでコーティングしたもの。

サンフランシスコのベイエリアにあるマーケットを中心に販売展開しているそう。価格は12パック入りが24.99ドル(約2,940円)というから、1本あたり約230円ちょっと。ビール好きの友人へのお土産にもいいかもね。

Licensed material used with permission by REGRAINED
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...