3年間ずっと「子どもは作らないの?」と聞かれ続けた夫婦が、ついに…

結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦もいれば、欲しくても授からない場合もあるでしょう。また、夫婦だけで生きていきたいという考え方だってあるはずです。 

彼女は、写真を撮ることを決断

そんなセンシティブな質問を、気軽に聞いたり勧めたりしてはいけない、という意識は日本でも徐々に浸透しつつあります。

ここで紹介するCarrie Jansenさんも「子どもはいつ?」という攻撃に悩んでいる人のひとり。

彼女は、夫のNicさんと3年前に結婚をしました。その間、周囲の人からずっと「子どもはまだなの?」と聞かれ続けていたのです。最初は笑顔で対応していても、あまりにもしつこいと「それってちょっとおせっかいじゃないの?夫婦の問題なのに…」と思わずにはいられません。そこで彼女は、お姉さんに写真を撮ってもらい、Imgurに投稿したのです。

お腹が大きくなった!
…と見せかけて

Medium e5aa498324357a64c371a53344d5813164f966d5

妊娠…と見せかけて、お腹の中から出てきたのは子犬!

CarrieさんとNicさんの夫婦は、犬を飼うことにしたのです。名前はLeelu。ふたりはしつこく聞いてくる人たちに対して皮肉とユーモアを込めて、自分たちの意思を伝えたのでした。

それでも「子どもを持つべき」という社会的な圧力はまだまだ根強く、彼女の投稿には、同じ悩みを抱える女性や多くの夫婦から共感の声が集まりました。大切なのは、自分たちらしい夫婦であること。

ふたりと一匹の新しい家族で、ぜひ幸せに暮らしていってほしいですね。

Licensed material used with permission by Carrie Jansen
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
結婚して16年になるライターKimanzi Constable氏が、いまだに新婚気分でいられるのは、それ相応の“努力”があるからこそ。ここでは、彼が「mi...
近藤雄生/Yuki Kondoライター。大学院修了後、旅をしながら文章を書いて暮らそうと決意し、2003年に妻とともに日本を経つ。旅と定住を年単位で繰り返...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
夫婦って面白いものですよね。夫婦の数だけ愛のカタチがある、なんて言葉もありますが、掛け合い漫才のような夫婦生活を慈しむおじいちゃん、おばあちゃんの川柳から...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...