職人の手仕事を、じっくりと見てみよう。

職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。

伝統工芸 青山スクエアが、手づくりのこころを届けるために、職人の「作る姿」を紹介しています。あまり見たことがない工程も写っているかもしれません。例えば、箱根寄木細工なら、「づく」に注目してみましょう。

組み上げた種木(たねぎ)にカンナをかけると、薄い紙状の板ができあがります。スーッと削るその音に耳をすませながら、木材そのものの色を生かした幾何学模様の装飾を眺めてみてください。

出演:箱根寄木細工 伝統工芸士 本間昇
動画:伝統工芸 青山スクエア

2e419276257422f513efcad2cea9fb7073bc864149afc17c4c8b0cbd4a9f643a230f8a6b56ab05c3Aa02610f96b193c83cd78f49be08402d5d548b3593ee5b32cbc63c50ff0c8a34affcaee64a12cabb62a283704dc5ffb4bf6c4fb03fa4002a94439927

「づく」は、箱根寄木細工の表面に貼って使われます。そのため、「づく削り」の見学をしたり、自作しない限りは、紙状のものを目にする機会はあまりないかもしれません。天然の木材だけで彩られていることが信じられないほど華やか。

そのほかにも、日本各地の“手技”が、YouTubeに公開されています。てきぱきと手を動かしている職人の姿や眼差しを見ていると、背筋がしゃんとしてきますね。

Licensed material used with permission by 一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会
誰にも見られたくない大事なものは、どこにしまっておくか迷うところ。仮に鍵をかけたところで、鍵そのものが見つかってしまえばおしまいです。そんなときに使いたい...
青山学院大学の連覇により幕を閉じた第92回箱根駅伝。同校は、1区でトップに立ってから一度も首位を譲らない「完全優勝」を達成。他を寄せ付けない圧倒的なその強...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
少し前に「世界で一番カッコいい納豆専用の器」を紹介したら、けっこう好評だったみたいで、取り扱い元のsasayakaさんにお礼のメールまでもらった。記事の一...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
あなたは今、どんな庖丁(ほうちょう)を使っていますか?きっと、百貨店やスーパーで販売されている量産品のものを使っている、という方が大半だと思います。今回の...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...