ゴミの再利用でできた公園が、市民の憩いの場に。

台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。

なんだか、普通の公園よりアスレチック的で楽しそうに見えませんか?

「禁止」や「注意」ばかりの
公園はつまらない

Medium e977f875b2be836ebf95e8f41184db363406271f

都市化が進んだ、台湾の台北市。市には788か所もの公園があるとのことですが、どの公園も設置されている遊具は同じようなものばかりで特色がなく、面白みがないという声も多いのだとか。さらに、子どものケガなどに注意するあまり、禁止事項や注意事項、遊び方の制限の看板ばかりが目立ち「自由に楽しむ公園」という理想からは、遠い存在になっているそうです。

そこで、デザインや市民目線での都市のリクリエイトを目指す台北のクリエイター団体「都市酵母」と、廃棄物をアートに変えて再利用しようというスペインのアーティスト集団「basurama」がコラボしてできたのが、写真の公園です。

台北市で破棄された古い街灯の廃材を溶接して、ブランコやハンモックがひとつながりになっているユニークな遊具を制作。台湾の文化庁の公認の下、高架下に試験的に設置したのです。

Medium c2e997bfdd7e6fcef1b3f744c30d77fd8414edf8Medium 8afc2d9c8568ea00f1930dab18d953880bbded93Medium 54728b732ff712b5a7de8168cbde4f5fe8e8789b

リサイクル社会を
模索する台北

Medium d7cf9594567dd2c399c118c598488dfaf551ca05

これらの実験は、この高架下のブランコ遊具だけではなく、台北市各地で行われています。

古い冷却塔を使ったボールプールや、市民のワークショップではゴミ袋などを繋いで大きなエアドームを作るという活動も行っているそうです。

Medium c4ca8b09e1c4e5251473cdd5143c16ec64df27cfMedium fafdd8d1a70d2b2c0feb9fa705ed3d4830417c53

冒頭の公園は試験的なもので、いずれは撤去される予定ですが、訪れた市民の反応は良いようです。ボランティアの記録や市民の意見を記録するノートなども用意し、未来につながるような取り組みにも抜かりありません。

実験で実際に利用する市民の反応や、安全性を確認しながら、台北市はリサイクル時代の都市計画のあり方を模索しているようです。

Licensed material used with permission by Basurama
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
オレンジから作られた新しい繊維「Orange Fiber(オレンジファイバー)」が、お手入れいらずで、しっとりやわらかお肌を手に入れられると注目されていま...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...