不安でいっぱいの大学生たちを勇気づけた教授からのメール。「挫折はあなただけのせいではない」

新しく社会人になる人はもちろん、進学する人、転職する人、新しい世界に飛び出すときは誰しもが不安を感じることでしょう。

トロントにあるライアソン大学でマーケティングを教えるジェシカ・ランガー先生は、卒業を間近にした大好きな生徒たちに勇気を与えようと、自分の気持ちをメールで伝えました。

もしかしたらこのメールは、あなたの不安も解決してくれるかもしれません。

どう頑張っても
挫折することはある

「みなさん、私の授業に感謝してくれてありがとう。この授業はとても人気があったみたいで嬉しいです。でもね、みんなに知っておいてほしいんだけど、良い授業にするためには、良い教え方だけじゃなく、良い生徒たちが必要なの。

あと、他にも知っておいてほしいことがあるわ。

学問は大事だけど、人生はそれがすべてではないの。たとえば、あなたが研究論文を書くときに難しいと思うことがあっても、それはあなたが学んだことをうまく扱えていないということでもないし、もし、とんでもなく悪い点数を取ったとしてもそれはあなたのレポートがダメということではないの。それでいいのよ。それが普通なの。まずは何かできることから探してみましょう。きっとあなたの人生はうまくいくはず。

そして、いつか必ず挫折するときが来る、ということも知っておいてほしいわ。たとえばあなたが、広告のマーケティングの仕事や、自分の理想通りの仕事に就けたとします(実際のところ理想通りの仕事というものは存在しませんし、好きな仕事ができる機会も、実際にはあまりないでしょう)。

しかし、解雇される可能性だってあります。仕事が合わず、辞めることにもなるかもしれません。でも、どんなに退屈なプロジェクトに配属されても、同僚の誰かがあなたのアイデアを信じ、きっとそばにいてくれるでしょう。

どんなときでも『あなたは一人ではない』ということを覚えておいてください。これは、誰にでも起こること。挫折はあなた自身のせいではなく、社会環境の変化やどうにもならない理由で起こるものです。どう頑張っても挫折というものは誰にでも絶対に起こること。それを受け止めて、決して諦めずに前へ進んで下さい。

あなたたちの成功を、心の底から願っています。

なによりも、みんなが成功する可能性を秘めていることを私は心から信じています。成功の基準は人それぞれ違っているし、友だちともまたその基準は違うでしょう。でも、それでいいのです。

人にはそれぞれ、さまざまな強みと課題があり、それらがあなたの価値となるのです。

あなたは、私や多くの友人、家族、そして世界にとって、大切な存在なのです。

では、幸せで健康的な休暇を過ごしてください」

1通のメールが
生徒たちの不安を和らげた

49007604637adae6f2ab8ac9af9fe54f2c180a27

ひとりの生徒がTwitterに投稿した先生の言葉は多くの人に共感され、瞬く間に拡散されていきました。

「これは、私の先生から送られてきたメール。心から聞きたかった言葉だったから、泣いちゃった」

彼女によれば、挫折は外的な要因によって引き起こされ、誰にでも起こるということを伝えることで、社会に出たときに持つべき新しい視点を教え、自分がいつまでも生徒たちの味方であることを伝えたのです。

Licensed material used with permission by Jessica Langer
Reference:@yunniemon
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
Adam Heath Avitable教授は、いつも通り授業のために教室に向かいました。すると、不思議なことに、生徒が誰もいません。待てども待てども、なぜ...
米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作ってい...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
子供の頃は夢いっぱいだったのに、自分の思い描いていたような人生を歩めていないーー。そんなふうに感じている人には、ライターのMichelle Cadieux...
仕事でもプライベートでも、「人生万事塞翁が馬」。上り調子のときもあれば、下り坂のときもあるでしょう。でも人生には、どん底まで落ちたときにしか学べないことが...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
私にとって人生は、常に目隠しをしたまま一本道を歩いているようなもの。先が見えないから楽しいこともあるんだけど、そうじゃない部分もたくさんある。だからこそ、...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...