人生で最低「5回」は引っ越しを経験するべき理由

家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか?

Elite Daily」のライターLauren Martinさんは、「人生で最低、5回は引っ越しをするべきだ」と主張。彼女の言う“ちょっと変わった引っ越し”は、自分を成長させるために大切なことを教えてくれます。

さあ、旅立つ時間だ。この部屋から抜け出し、どこかへ、どんなところにでも足を運べ。幸福と自由の感覚を研ぎ澄まし、四肢を広げ、瞳を満たせ。あらゆる風景とすべての眺望のなかで眠りから目覚め、より豊かで鮮やかな意識へと覚醒せよ。― シュテファン・ツヴァイク

Ed75fb26fa4ef13f3ca2c8e1fe364b94fd5dade5

自分の人生を見つめ直してみましょう。そして、その瞬間やその場所は、あなたの鼓動を高鳴らせ、心が惹き付けてくれるものなのか、確認してみましょう。

もし、魂の奥底にワクワクする気持ちがなく、疑問を抱きながら受け入れているだけなら、今すぐその場から立ち去るべきでしょう。快適に慣れて、何の刺激も感じていない場合も同じです。

「旅立ち」は、「さよなら」の代わりに「またね」と言うように、あなたに安心感を与えてくれます。そして、この言葉が意味するのは新たなスタートや、手に負えなくなったこととの決別です。到着の前兆にすぎない「旅立ち」ほど、素晴らしいものはないのです。

ここでいう「旅立ち」とは、風景を変えるだけではなく、あなたの生き方を変えるということ。瞳を見開き、上下左右を確認しながら、あなたの前に開かれた広大な人生を、もう一度理解するのです。

立ち止まっていると人生は色褪せていき、私たち自身も、退屈でぼんやりした存在になっていきます。

快適な環境に身を置きながらも、人は新しい体験に飢えているのです。人生のたった一部分で妥協するのではなく、継続的に自分自身をアップデートしましょう。まるで、何度も繰り返し、洗礼を受けることのように。

残りの人生を、慣れ親しんだ環境でずっと快適に過ごすこともできるかもしれませんが、若いうちは自分自身への挑戦をやめないでください。なぜなら、私たちが成長できるのは、人生に疑問や違和感を抱いている「今」だけだから。

自分のこと、周りのこと、そして何を目的に生きていくのか。これを本気で理解するには、動き続けなければいけません。だから「5回」は引っ越してみてください。これは、あなたの心を開き、人生を変える何かに足を踏み入れるための「5回」です。

01.
慣れ親しんだ環境から
強制的に距離を置くため

926dcdffda9f16b31d78424849f084c0bb3a5761

最初の引っ越しは、鳥が初めて飛び立つときに似ています。まるで飛び方を学ぶかのように、自分を引き留めている唯一のものが「自分自身」であることに気付くでしょう。

あなたに翼はありませんが、2本の足と飛行機、列車、車、船があります。そして目の前には広大な空と、無限の可能性を秘めた新しい世界があります。

まず、あなたは「巣」から抜け出さなければいけません。ともに生まれ育ったあらゆるものや、かつては十分だと思っていた世界。それらに別れを告げ、混沌の渦の中へ身を投じてみてください。

この最初の引っ越しは、一番の難関です。なぜなら、恐怖や孤独を受け入れることを決意しなければならないから。外の世界には素晴らしい何かがあると信じて、大切にしてきたすべてのものを一度捨ててみましょう。

02.
新たな体験を見つけるため

A948d5c179568e245c25444eacbd9585e920ac3c

2回目の引っ越しをする頃には、新しい環境も快適になってきて、むしろ代わり映えのしない空気に飽き飽きしているはず。再び活力を感じるために、次の引っ越しをしてみましょう。

新しい体験や冒険、まだ見ぬ未来に出会おうとするあなたは、そこにたどり着くまでの方法はわからなくても、何も見えないまま、新しい世界に思いきり飛び込んでいくはず。

新しい友人をつくり、新しい空気に触れ、最初の引っ越しのときに感じた人生への情熱に再び火がつきます。そして、飢えた魂が満たされるまで、あなたが立ち止まることはありません。

古い友人と別れ、新たな友と出会い、母国語から離れて、別の言葉を話すように。そして、故郷に留まる安堵感を捨てて、郷愁を感じるのです。

03.
「愛」のため

76d3a3cb4094938e9f57a8bb45f8ba46aa3397c5

愛を追いかけることは、幸せを追求すること。なぜなら、愛こそが私たちの最終的な目的地だから。愛は、私たちが目を覚まし、つらい出来事とも戦い、新たな人々と出会うために歩き続ける理由です。

人、街、仕事に「愛」を見つけたなら、あなたはそれを追い求めるべきです。あなたの夢だった仕事がスペインにあるならば、そこに引っ越してください。運命の男性と恋に落ちたのなら、彼を追いかけてください。愛を追求することは無責任ではなく、むしろ実直な行動です。

これ以上に重要なことや素晴らしい追求は、存在しないのです。

04.
その「愛」から逃れるため

E57da4a6a4adf027634e44b126dcb538b353b8a4

愛は、永遠ではありません。あなたの人生に長く留まることのない誰かとのたった1年間に、完璧な愛を見つけることだってあるかもしれません。愛を決めるのは、長さではなく、あなたを変えてくれるかどうか。長続きしないからといって、それが本物じゃなかったとも言えません。

前述したように、あなたは愛を求めて引っ越しをするべきですが、その愛情が消え去ったときはそれに気付かなければいけません。そのためにも過去から離れ、新たな愛を見つけられるほど、強い人間でいてください。

なぜなら、この世界はあなたを熱中させるものや、あなたを感動させて「生きる理由」を悟らせるもので満ち溢れているからです。

05.
すべてをやり直すため

8539302b8c1c2b9b03a7f605ad0dfa5535ad5a7c

「普通」や「楽」に甘えることをやめ、もっと素晴らしい何かに出会うため、平穏な日々に立ち向かわなければなりません。

生きることは、生まれること。そう考えると、継続的に生きることは、何度も繰り返し生まれ変わることだとも言えます。誰かの恋人や友人として、あなたは新しい自分へ進化と変遷を繰り返さなければなりません。

新たな環境を、最終目的地にしないでください。変化と移動を続けなければ、満足感は決して得られられないからです。快適な環境にいることが当たり前、という概念を否定していくべきだと思うのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
新年を迎えたところで心機一転、引っ越しを予定しているあなたへ。「Elite Daily」に寄稿するライター、Briana Bellさんが「引っ越しをする際...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
「嫌なことから逃げるのは、恥ずかしい」。そう思って我慢し続けるのはつらくありませんか?じつは何かから逃げることは、「自立して、自分と向き合うこと」でもある...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
たとえ恋人がいたとしても、いつ魅力的な異性に出会い、気を惹かれてしまうかは誰にも予測ができません。ちょっとくらい…でも、その気持ちが後悔のはじまり。1.相...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...