難民の人生を大きく変えた「ライフジャケット」そこに描いたものとは…

紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れた2016年でした。祖国を追われ、危険な旅路を生き抜いて到着した後も、暴力や迫害を受けるケースは私たちも報道で知るところ。

ここに紹介するのは、国を超えての人道支援を呼びかける、ある啓蒙プロジェクトの様子です。難民となった彼らの人生を大きく変えた“ライフジャケット”が、「難民」という言葉の定義を改めて考えるきっかけを与えてくれます。

難民となる前、私たちはこんな人生だった

ヨーロッパ各国から20以上のNGOの支援を受けて、スイスの団体が始めた「ProjectLifeJacket(プロジェクト・ライフジャケット)」の活動を収めたのがこの動画。

内容は、シリアの紛争を逃れ、アナトリア半島からギリシャへと海を渡ってきた人々が生活する難民キャンプへと訪れ、彼らに難民となる前の暮らしぶりをインタビューしていきます。

いま、自分たちが置かれている状況と、彼らが口にする祖国での生活、その対比構図は動画を見る私たちにだって容易に想像がつくものかもしれません。けれど、それは同時に彼ら自身にも改めて大きなショックを与えるものとなりました。なぜならこのプロジェクトのキーアイテムとなる、ライフジャケットがそれを物語っているから。

ライフジャケットに描かれる人生の物語

Eb7e2760be5e9caadb81d2f9502cd8a9134ebf32D90ccfb89858d07e9614ce01667c42c9ab473f95

このプロジェクトの趣旨は、難民としてキャンプ生活を送る人々から、当時の暮らしぶりを「聞く」だけでなく、その様子を彼らの生活を一変させた象徴的なアイコンである、ライフジャケットに「描く」ことなのです。

E35a578b3c9ca098feb752a12b39eed10fb2f65a

「家もあったし、しあわせな人生を過ごしていました」、「バスケットボールが趣味でよくみんなでプレイしていた」、「大学卒業後は教師を志し教員免許を取ろうとしていたところでした」、「コメディやドラマ好きでよくテレビを見ていた」…

数奇な運命に翻弄されながらも、祖国で過ごす在りし日の自分を語り始めた9人のシリア人。私たちの日常と何も変わらない人生がそこにあります。

 

3f9969b2e39543c9a3f07fc9593a7212adaac5ca

大工仕事が自分の人生であり、魂だった。それなくしての生活なんてありえないよ

たとえばこのジャケットの主人公Ahmadは、シリア北部の町アレッポに暮らしていました。手先の器用な彼は、大工以外にも多くの仕事を手がけていたと語っています。建設用地での作業から日用品の修繕まで、誰にでも分け隔てなく持てるスキルを提供する、それがAhmadの日常だったそうです。

彼らにも、私たちと同じように
仕事があり、趣味があり、夢があった

0a526394b214a7c48be6b7f6b8300b2cdc17100d3d62ae17fe4c8273986ce9465e75ac72eaad5dd5

ひと口に「難民」という言葉で片付けてしまうけれど、やむなく祖国を離れてくるその以前、彼らにだって私たちと同じように、家があり、普通の暮らしがあり、それぞれの人生を生きてきた。押し寄せる人々を前に、受け入れ批判や暴力に出るのではなく、人間としての尊厳を。とプロジェクト・ライフジャケットが強く呼びかける相手は、ヨーロッパ各国の政治家であり、メディアであり、市民一人ひとり。

けれど、9人が語るそれぞれの人生が描かれていく様子を見ていると、対岸の火事とただ傍観しているだけ?そんな声が聞こえてきそうな気さえしてきます。

C95b62e51a7add4514129931cdab3694c088cdfd

Remember Who They Are.

「難民」こう呼ばれる人たち1人ひとりのフルストーリーが、それぞれのライフジャケットとともにこちらのサイトで伺い知ることができます。

Licensed material used with permission by Nathalie Eggen
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
2016年5月30日。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、対目標金額500%の大型資金調達に成功したトラベルジャケットがあります。な...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...