姉妹がいる環境で育った男性は、こんなにも魅力的だった。

「この人いいかも」と思う男性に出会ったとき、相手がどのくらい女性に慣れているかを見極めるのに、効果的な質問があります。それが「兄弟姉妹はいますか?」。

もし、姉、もしくは妹がいると答えたなら、将来あなたを幸せにしてくれる確率は高いです。ライターのDan Scottiが自身の経験も踏まえてまとめたその理由を「Elite Daily」の記事から紹介しましょう。

01.
なが〜い買い物に
付き合える

B472f394a0943350968e41483dbccfcbb3f9d579

母と姉に連れられてショッピングモールへ行くのはもう慣れっこ。2人が洋服を選んでいる間、お店の前で立っているのも苦じゃない。何時間だって付き合うよ。

02.
リモコンを独り占めしない

もし男兄弟だったなら、テレビのチャンネルはいつもESNPだったり、リモコンなんて必要なかったんじゃないかな。

でも、僕には姉がいた。自分が見たい番組を自由に見ることはできなかったんだ。大好きなニューヨーク・メッツの試合と『リジー・マグワイア』を交互に見ていたりね…。

03.
反論してもムダだって
わかってる

女性の言うことに反論してはいけない、受け入れるべきだと学んだんだ。

母親が「間違っているわよ」とでも言わない限り、姉の言うことはすべて「正しい」と思えるくらい調教されているよ。

04.
「レディファースト」は
絶対

女兄弟がいない男の子は「レディファースト」が遠い昔の習慣だとでも思っているのだろう。でも、多くの女性が未だに心の底では「レディファースト」を望んでいる。

僕は姉のおかげでそれを学んだよ。デザートのひと口めを譲ってあげたり、ラジオの選曲もさせてあげた。自分で言うのも何だけど、けっこう我慢強くなったはずだ。

05.
ファーストシャワーも譲る

C2368e7613b16702e8383a7d5d901b10b3cc47fc

シャワーだって、最初に浴びるのは姉だった。1時間以上バスルームを占領されることもザラだったよ。一方で僕のシャワーは5分くらい。

06.
ソファで寝るのにも慣れた

旅行でも、おばあちゃんちに行った時でも、ベッドがひとつなら僕はソファで寝ていた。彼女ができたとしても、ソファと仲良く眠るだろうね。

07.
タンポンも見慣れてる

ごめん、ちょっと言い過ぎた。

08.
空気を読めるようになった

「触らぬ神に祟りなし」という言葉がぴったり当てはまるタイミングがある。

それは女性が妬み嫉みを言っているときだ。とにかく相槌だけ打っていればいい。生まれたときからずっと身近に女性がいたから、口を閉ざすべきタイミングを雰囲気で察せるようになった。

09.
つまらない2時間ドラマの
暇つぶしはプロレベル

夏休みに『クルーレス』を8回も見させられるのは、どんなに想像力が豊かな人にとってもつらい状況だ。4回目くらいで気を紛らわせるスキルを習得した。

10.
ネリー・ファータドの曲は
ほとんど歌える

68b52bb47e8613ae84b85fefe07e03dc0c310184

『ポップ・トップ40』が大好きな姉のおかげで、音楽の幅はだいぶ広がったはずだ。『最強女装計画』で、ウェイアンズ兄弟がヴァネッサ・カールトンの『A Thousand Miles』の歌詞を知っているふりをするシーンがあるだろう?

僕はその真似ができちゃうんだ。

11.
昔から女性を守ってきた

姉の中学入学と同時期に周りの男子は思春期に入った。

それから僕は姉のガードマンとなった。姉と一線を越えようと企む奴がいないか目を光らせていたんだ。

12.
女子に囲まれても浮かれない

夏になると、庭のプールにはいつも女子が大勢いた。全員姉の友だちけどね。「◯◯ちゃんの弟」という呼ばれ方以外、悪い気はしなかった。

13.
プレゼント選びが得意になった

「今年はお父さんとお母さんに素敵なものをあげたい」という姉の気持ちに習って、プレゼント選びに関しては「バスキア」とも呼べるほどになった。

14.
プレゼントを共有する
必要もない

ありがたいことに、Xboxの『コール・オブ・デューティー』にも、バスケのフィギュアセットにも姉はまったく興味がなかった。一緒に遊んだことは一度だってない。姉のバービーコレクションでこっそり遊ぶために寝不足になったこともない。

15.
「ごめんなさい」が
言える

Bec47eb8299b645a4b158d36272fb3bd3d22cc03

当たり前のことだと思うだろうが、自分の誤りに気付いたとしてもきちんと謝罪できない人がいる。僕は姉との生活の中で人間関係の大切さを知り、それを保つ方法を学んだよ。

謝るべきときは、意地を張らず謝るのが「正解」だ。

16.
女性の望みは
言われなくても分かる

最後になるけど、姉は「女性が何を望んでいるのか」を教えてくれた。そして、あらゆるタイミングで男は何をすれば良いのかを知った。女性の一日を良い日に変える、とても簡単な方法だったんだ。

僕は恵まれていたのかもしれない。生まれた時から姉がいたから、未来の彼女との生活に向けて、万全の準備を整えることができたんだよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
あぁ、なんで男性ってこんなに女性のことわからないんだろう?男ってみんなこうなの?と思っている女性のみなさん。今度から理想の男性のチェック項目に「姉妹がいる...
ラブコメ映画なんかをみると、ボーイフレンドが一番恐れているのは「父親との対面」なんて印象が強いですが、彼らが本当に恐れるべきなのは、絆のかたい姉妹かもしれ...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
同じ屋根の下で、いいときも悪い時も一緒に乗り越えてきた「姉妹」。それは心底大好きで、何をしても最終的には許し合えちゃう、かけがえのない存在。Tessa H...
そばにいるだけで、周りのパワーが引き出せるエネルギッシュな「みずがめ座(1/20-2/18うまて)」は、とにかく愛されキャラ。ここで紹介するのは、自身もみ...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
街中でのナンパは多くの場合で男性が女性に声をかけることが多い。時には女性が不愉快な言葉を投げかけられることもあり、特にアメリカでは、問題視されている。もし...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
「彼の姉妹と会う」というと、なんだかちょっと緊張しませんか?彼が子供のころからずっと一緒に暮らしてきた人だし、恋人のあなたが目の前にやってきたら、複雑な感...
近くに魅力的な女性がいるのに、どうしても勇気を振り絞って気持ちを伝えることができない…。そんな奥手な男性が人気な風潮もあるけど、もし本当に自分のパートナー...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
自分を第一に考える「上昇思考の強い女性」たち。今アメリカでは「アルファ女子」なんて言い方もしますが、そんな彼女たちは、自分をリスペクトしてくれない男はお断...
少しの恋を楽しむなら、時にはカラダだけの関係もありなのかもしれません。でも、本当に大切な人と親密な関係を育みたいのなら、相手を思いやり、誠実でいることが何...
年が離れている分、年上男性へのアプローチは、するりとかわされてしまいがち。「子供扱いされて、なかなか女性として見てもらえない」と悩んでいる人も多いのではな...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。彼らは普段どんな...