「引っ越し」を後悔しないために覚えておきたい、9つのこと

新年を迎えたところで心機一転、引っ越しを予定しているあなたへ。「Elite Daily」に寄稿するライター、Briana Bellさんが「引っ越しをする際のアドバイス」をまとめていました。

物が捨てにくい、新しい環境に溶け込めるかわからない…など、引っ越しを目前に頭を抱える人に向けてエールをくれるような記事を紹介しましょう。

01.
持っていくものは
「必要なものだけ」に絞る

Medium 3485e42028bb0c65806d1bb7086a4f39988703ef

なんでもかんでも箱に詰めるのは、NGです。いらないものばかり持っていっても、荷ほどきが大変になるだけです。荷造りするときは、「本当に使うかどうか」を、まず自分に問いかけてみましょう。

「いる・いらない」をしっかり選別できるこの機会に、ミニマリスト精神を身につけてみては?

02.
着ない服は
思い切っておさらばする

いまクローゼットのなかには、滅多に着ないものが隠れ潜んでいるのでは?でも本当は、よく着るお気に入りの服だけで十分ことは足りるはずなんです。

たとえば引っ越し先が、いま住んでいる場所と大きく気候が異なる場合。のちのち、その地域特有の天候や環境に合った服を買うことになるでしょう。それならば尚更、着ない服とは潔くおさらばするのが正解です。

03.
SNSを通して
地元の人とつながってみる

Medium 7152d85a46b1edb94fd3707bda141b774fb0bd79

まったくの新しい土地へ引っ越しを予定している場合。誰ひとりとして知り合いがいないと、とても不安な気持ちになりますよね。そんなときこそ心強い味方になってくれるのが「SNS」です。

いまやローカルとつながれるアプリもたくさんあるので、使えるものはできるだけ駆使しておきたいところ。それに、おいしいレストランや、ローカルの人だからこそ知っているスポットが必ずあるはずです。交流関係を広げておいても損はありませんよ。

04.
資金は多めに
見積もっておく

いつ何が起きるかわからないため、「引っ越し代を差し引いたら貯金が底をついてしまった」なんてことにはならないようにしましょう。

ひょっとしたら、新しく出会った友達と出かける予定ができるかもしれません。そんなときに「引っ越しに全部お金つかっちゃって...」なんて断るハメにならないよう、備えがあるのがベストです。

05.
ラベルを使いこなして
荷造りも整理整頓

Medium bca32020703ff099f71adfe77c4e47a08496a6d4

あとで中身がわかるように、物を詰めた箱には必ずラベルを貼っておきましょう。何がどこにあるのかわからないと、引っ越し後もてんやわんやになってしまいます。

また服は服、日用品は日用品と、カテゴリー別でしっかりまとめておくことで、引っ越しのタイミングで物をなくす、なんていうトラブルも起きないでしょう。

06.
車の点検には
手を抜かない

自家用車で引っ越しをする場合、荷物を乗せても車が壊れてしまわないよう、万全の準備を整えておきましょう。

出発前までに、車の点検をしてもらい、タイヤやオイルの交換もやっておくこと。引っ越しの最中や出発後に故障…なんてことだけは避けたいところ。

07.
地元が思い出せるものを
詰めていく

Medium 6ef9d5eab501f7de0cbe7747049a222d91b3a8bc

田舎から大都会に引っ越すなど、大きな環境の変化を予定している場合…ホームシックになる可能性があることも想定しておきましょう。

そこで、地元を思い出すのにいいツールは「食べ物」です。地元のお菓子や、母親の手作り料理のレシピを持っていくのもあり。

実家を思い出す料理を口にすれば、少しは気持ちも和らぐはず。それに、お菓子を詰めていけば空腹に襲われることなく、新しい転居へ向かうことができますよ。

08.
引っ越し先について
前もってリサーチしておく

目的地にスムーズにたどり着けるよう、引っ越し先へのルートは前もって調べておきましょう。なんとなく場所が想像できたほうが親しみも湧きやすいので、あらかじめそのエリアのリサーチをしておくのも◎。

下準備をしておくことで迷子にもならず、すんなりその土地に溶け込めるはず。

09.
視野を広く持って
前向きに

Medium e8851d8ea925b53560fd74fdc514a36c07eed2d3

新しい環境に身を置くからには、きっと予期せぬハプニングもあるはずです。だから固定概念は振り払い、ときには流れに身を任せてみましょう。期待しすぎてしまうと、ガッカリする可能性だってあります。期待はほどほどにしておきましょう。

新生活を始めるからには、不安も大きいはず。でも新しい環境だからこそ、いままで見れなかった世界に目を向けることができたり、新たな人生の楽しみが生まれるのです。前向きな心で挑めば、きっと大丈夫!

Licensed material used with permission by Elite Daily
ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要...
昔ほど「一度は都会に出るべきだ」という風潮は弱まりつつありますが、それでも今だに多くの若い世代が「都会に住むこと」に憧れているもの。なかには都会に住むこと...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
後悔ばかりの人生なんて、誰もが送りたくないですよね。そのためには、ここで紹介する選択をしないことが得策かもしれません。ブロガーSteven Bancarz...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
この瞬間は、言葉を発しよう!言葉で自分の思いを伝えること。それは日本人にはちょっと難しいことだったりする。周りの輪をみださないように、言えないことがあった...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
いつもの職場にいつもの顔ぶれーー。決まった環境で生活することには、多くのメリットがありますよね。でも、特定の場所にい続けることで、見えなくなるものがあるこ...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...