「アナタが今飲んだのは犬のミルクです」動物愛護団体による過激な社会実験

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞台にかなり刺激的な社会実験を行ったようです。

知らずに飲んだ
ミルクの正体を知ったとき…

Medium c8979cedff8a0dad98a449f688aa30179de43048

PETAの主張は、人間は別の動物のミルクを飲む唯一の種という事実。人工受精で乳牛に出産させ、人間の消費のために仔牛を引き離し搾乳する。その不自然さに人々の意識を注目させるため打って出た、シンプルながらショッキングな策とは。

新商品の試飲と称して街行く人々にあるミルクを飲ませ、感想を聞いていきます。実際は牛乳ではなく豆乳が入っていたのですが、飲んだ人々には衝撃の事実(ならぬ大ウソ)が伝えられます。

「あなたが今飲んだのは、犬のミルクですよ」。

Medium a8fa52c786d34832fde75001718e830262d1ec13

「新しいミルクをお試しになりませんか?」

乳製品メーカーの販売員に扮した仕掛け人が、さながら新商品の試飲をアピールするように、街頭で道行く人々に声をかけます。

Medium 525ce762b9b984ab2ba422a98a14cd321fe980f4

味の感想を仕掛け人に伝える人々。

「やっぱり、ジャージーミルクは違うわね」

と、美味しさを表現する女性もいます。仕掛け人は、ひと言もジャージー牛のミルクとは説明していなくても、パッケージからそう連想するのも無理はありません。

Medium 18812b286ce670911e8ba30af5e809fe921fb27f

こちらも試飲会の一場面。さもありなんといった個室を用意し、人々の前にミルクの入ったコップが差し出されました。疑うことなくそれを口にする人々。

Medium 47e05855b9fbf39e8a7f616b08c571b03abb70d0Medium aaf809a4f794740c236844401759f91a729c405c

「白よりも真っ白っていう見た目ね。いつもよりちょっと甘い気がする」

「とってもなめらかでミルクシェイクのような口当たりね」

こんな具合で試飲した人々から一様に好印象を得た、このミルクの正体が仕掛け人の口から明かされた、次の瞬間…。 

Medium 1f2161ea0feeb230f764e330623faac1a0895fc3

「はぁ?」

間違いなく、これが素直な反応。だって、きっと誰もが最初自分の耳を疑うはずですから。

「これが犬のミルクって、アンタどういう神経しているの?」

Medium b5dc7fdaaa51b5ffb3829582ddea76b265de4966

「なぜ、それを最初に言わないんだ!」

「こんな狂ったものを、アンタも飲んだっていうの?」

「お前、本気でこんなことやってるのか!」

Medium a7f18be45d095eb7d5a00368ff98c23f39837cc5

 「最っ悪!」

犬、猫、ねずみ、牛
何が違うっていうの?

998af889f20e9b6a6435d42c1f48d7ae45ac5e41

憤慨する人、その場で吐き出す人、ありったけの侮辱とコップを仕掛け人に投げつけて去っていく人々。それが犬のミルクだなんて言われれば、誰だって気分が悪くなるのは当たり前。

では、牛のミルクと犬のミルク、何が違うっていうんですか?

批判を承知でPETAがここまでするのも、動画の最後に登場するこの一言に集約されているのでしょう。それは理解できたとしても、このきわどい社会実験がもたらす効果が、果たしてどのくらいあるというのでしょう。

Licensed material used with permission by PETA Foundation
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
これは、米サイト「Mic.com」が行った社会実験動画。「あなたにとって100ドルって、どんな意味がある?」を食料品から紐解いていこうという企画です。もち...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...