ごろっとお肉を豪快にトマトと煮込むイタリアン

これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていないとやっぱり大変。

そこで、週末のお昼にでもじっくりトライしてみませんか?豚肉をつかって、疲労回復効果も期待できるレシピのご紹介。

1f805a851b3fe4906cc0372d526ccfc1fcdfe0b7

豚肉に含まれるビタミンB1は、疲労回復に役立つといわれています。この豚肉をトマトと一緒に食べることで、トマトのビタミンCとの相乗効果で、さらなる回復に役立つはず。

ごろごろのお肉からあふれる肉汁と、トマトの酸味がマッチしたイタリアの煮込み料理。おかずにも、お酒のお供にも。

〈材料:2人分〉 

・豚かたまり肉:300g
・にんじん:1/2本
・玉ねぎ:1/4個
・セロリ:1/4本
・にんにく:1かけ
・トマト水煮缶:1缶(400g)
・ミックスビーンズ:50g
・白ワイン:大さじ2
・ローリエ:1枚
・塩:適量
・オリーブオイル:大さじ2

〈つくり方〉

豚肉は角切りに、にんじん、玉ねぎ、セロリ、にんにくはみじん切りします。鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し香りがたつまで炒めてから、にんじん、玉ねぎ、セロリを加えてしんなりするまで炒めます。豚肉を加えたところで白ワイン。アルコールを飛ばし、トマト水煮缶、ミックスビーンズ、ローリエを。20分ほど煮込んだら塩で味をととのえて完成。お好みでイタリアンパセリを散らしてもOK。

 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
ロシアの隣国ベラルーシの冬は、とにかく寒い。そのためか、カロリーをたっぷりと摂取できるような濃厚クリーミー料理が数多く見れらます。たとえばこの「マチャンカ...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ギネスビールといえば、言わずと知れたアイルランドの名産品。かの地ではただ飲むだけでなく、料理にも使用されるって知ってました?たとえば、牛肉を黒ビールでコト...