髪の毛を失った患者に、自信をもってもらうための「ヘナクラウン」

日本人の死因1位でもある、がん。さまざまな治療法が開発されていますが、とくに抗がん剤を使う化学療法には、吐き気や痛み、手足の皮がむけてしまうという副作用が伴うと言います。

そして女性を苦しませることのひとつに、髪の毛が抜けてしまうこと、も挙げられるでしょう。

髪の毛の代わりに
美しいボディアートを

7eb6cc69a75b5c3040b5205d49c8059a0e6a39cd

そこでボディアートを手がける団体「SARAHENNNA」は、抗がん剤治療の副作用で髪の毛がなくなってしまった頭皮に、美しい模様を描くプロジェクトを開始。そのペイントはまるで、王冠(クラウン)のよう。

4a5c7518cd597f60d2fd7e8f20ec789cc1c0042d

これは天然素材のヘナを使った、消えるタトゥー。2週間程度で徐々に薄くなり消えてしまうので、タトゥー気分を気軽に味わえるものでもあります。同じようにヘナを使ったインドの伝統的タトゥー「メヘンディ」を思わせる、エキゾチックで美しい模様が目を引きます。

かつらや帽子だけではない
新しい選択肢を

このヘナアートには、どんな思いが込められているのでしょうか。スタートのきっかけや込められた思いについて、「SARAHENNNA」に聞いてみました。

Cf8d13437339034f78d1305561b8509a3da79a68

「私はつねに『誰かのためになることがしたい』と思っていたんです。でもそんなとき、私の継父が多発性骨髄腫というがんの一種だと診断され、5ヶ月後に亡くなりました。私は何もできなかった自分の無力さに苛まれました。それから6年後、母にこんなことを頼まれたんです。『がんと闘っている友だちのために、頭にペイントをしてあげて欲しい』。私はようやく誰かのために役立てるということに生きがいを感じました。化学療法で髪の毛を失った人々に、このペイントを届けたい。心からそう思ったんです」

D8fb36cac6c5d7664adec558805d3435f0e9aaff

「みんなこのペイントを気に入ってくれました。まるで美容室に行って髪型を変えたときみたいに、ヘナペイントをしたあとは誰もがウキウキしているんです。かつらや帽子だけじゃない、新しい選択肢があるんだということが少しでも生きる糧になってくれればと思っています」

ほんの少しでも
前向きになってもらえれば

大きな病と闘い続けることは、並大抵のことではありません。でも、ほんのささやかでも「ヘナクラウン」のおかげで自分の見た目が変わり、前向きな気持ちになれたという患者たち。このプロジェクトは、海外でも大手メディアも取り上げるほど話題を呼んでいるようです。

Licensed material used with permission by SARAHENNA
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
「もしも一つだけ願いが叶うとしたら?」これは、ある社会実験で使われた質問です。壁で区切られた部屋に二人が座り、同じ質問に答えてもらいます。お互いにどういう...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...