「洋服のサイズに惑わされないで!」ティーンガールに向けた投稿が大反響

この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの悩みは、もっぱら自分の体型やダイエット法だとか。

そんな彼女がある日、自室のクローゼットの中を整理していたとき、ふと気づいてしまったことがあるそうです。サイズ5〜12のパンツがどれも今の自分にフィットしてしまう事実。

サイズXS〜Lのパンツ、
どれも履けちゃうフシギ

Medium 723277719e32301a6a52b2471fcca46fe1016110

体型はさほど変わっていないのに、今もどのサイズもフィットしてしまう。これっておかしくない!?とDeenaさん。バラバラなサイズのパンツ6本を履き、その証拠写真を自身のFacebookで公開(それがこの写真)し、こう訴えかけました。

結局、洋服のサイズなんてバカげたものよ」、と。

ここでいうサイズはアメリカのものですが、5〜12といえば女性もののXSからLまでカバーしてしまうようなサイズ感。もちろん素材や製法にも違いがあるでしょう。けれど、これだけサイズに大きなズレが出る理由、彼女はそこを「バカげている」と揶揄しているんでしょう。

でも、これと同じような経験ありませんか。

サイズ表記のからくり

これが日本で製造されたものや、海外製品でも国内アパレル企業によるものの場合、おおむねJIS規格で定めた基準のSMLサイズに落ち着くようですが、実際、海外モノってブランドによってもサイズはバラバラだったりします。試着しないオンラインショッピングの場合は、どうにかしてサイズ以外の情報や手がかりを探そうとするでしょ。

そもそも、サイズに忠実なブランドもあれば、見栄を張るためなのか若干サイズ表示よりも大きめ(あるいは小さめ)に縫製するブランドも。なかにはSサイズが最も大きく(一般的なL)、以下XS、XXSのように表記にMやLを使わないメーカーだってあるくらい。

肉体的にも精神的にも健康で、自分らしく輝いているプラスサイズな女性たちにスポットライトが当たる一方で、「スリム=美しさ」信仰はまだまだ根強い、という印象。少しでも小さいサイズに見せたい、着ていたい願望はきっと誰にでも。そこにもサイズの“からくり”があるはずです。

「洋服のサイズに惑わされないで!」

画像とともにDeenaさんの熱い想いが込められたメッセージに共感した人々が次々にシェア、その数はすでに9万を越えました。

もっと痩せていれば、彼に別れたいなんて思われない…そう信じ込んで食事を抜き、拒食症に陥った女の子がカウンセリングに来るそうです。Deenaさんはこの女性服のサイズのからくりが、ティーンガールたちのストレスを何十倍にも大きくする要因になっている、と警鐘を鳴らし、こうメッセージを送ります。

たとえあなたがXXSを着ていても、3Lだろうと、サイズだけが美しさや個性を左右するものじゃない」と。

Licensed material used with permission by Deena Shoemaker
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
スマホに付いているであろう機能を、ごっそりとカットしたモバイルがコレ。まずはその見た目を確認してみましょう。Kindleと同じe-inkスクリーンでできて...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩。本当にそれだけの材料で作った「HAPPY NUTS DAY」……自社製品ではありますが、僕はこのピーナッツバターが大好...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
間もなく到来する年末セール。試着室は順番待ちで長蛇の列…。そんな場面でこそ、ゼッタイ役立つライフハックをビエボ動画より紹介します。こういうのって知っておく...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...