デヴィッド・ボウイが亡くなってから一年。彼が歩んだ「変化の歴史」とは?

2017年1月10日は、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」と評されたデヴィッド・ボウイが亡くなってからちょうど1年が経つ日。

彼は、なりたい自分になろうと変わり続けた人であり、新しいことに挑戦し続けた人だ。ミュージシャンでありながら、アート、ファッション、デザイン、演劇…と、音楽だけに留まることなく世界中の人々に影響を与えた。そのパフォーマンスは、サウンド・ヴィジュアルともにめまぐるしく変わっていったけれど、難解にならずに世界中で愛されたポピュラーな存在でもある。彼は一体どう変わっていったのだろう。

50年以上の活動に関する300点以上の品々を展示した大回顧展「DAVID BOWIE is」で、常に時代の先端を行った彼の変化を振り返ろう。そのほか同時に開催されているボウイの写真展もあるので、ページの最後まで読み進めてほしい。

演じては、脱却する。
デヴィッド・ボウイの全貌。

ボウイは、まるで計算していたかのようにして亡くなった。2016年1月8日(69歳の誕生日)に、死をテーマとしたアルバム作品『★』(Blackstar)を発表。その二日後に息を引き取ったのだ。それまでも、作品ごとに登場人物を演じては脱却してきた彼だ。創造性のピークを迎えたと言われたのもなるほど、最後の脱却とも捉えられる。

それから1年後、奇しくも存命していれば70歳の誕生日だったはずの2017年1月8日から大回顧展が日本で始まった。

95bc2e26dfee26fbeca2c39640156a49fa5dc1b2
Photo by Shintaro Yamanaka(Qsyum!)
F98367190b0d4bbada26762ca04fd238a37d8b5a
Photo by Shintaro Yamanaka(Qsyum!)

DAVID BOWIE is」は、2013年にイギリス・国立ヴィクトリア&アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回し、約150万人以上の動員を記録している。アジアでは日本が唯一の開催地であり、日本独自の展示もある。

当時のパフォーマンスを音楽や映像とともに再体験できる空間や、世界のトップ・デザイナーたちや舞台芸術のスペシャリストたちに手を借りて生み出した彼にしか着こなせない衣装がある。山本寛斎が担当したボウイの代表的な作品のひとつ『ジギー・スターダスト』時代のスタイルなど、実物は貴重だ。

彼が日常的に使っていた私物や、
日本オリジナルの展示も。

どんなものも着こなしてしまう彼の姿を写真や映像で観るほか、ボウイが描いた三島由紀夫の肖像画や、ベルリンやニューヨークで暮らしていたときに使っていた私物、手紙、ビデオを閲覧できる。入り口で渡されるヘッドホンからは、展示に応じて音楽や音声が流れてくる。

日本オリジナルとなる展示では、映画『戦場のメリークリスマス』 で共演した北野武と坂本龍一のインタビュー映像が展示されている。彼が変化し続けてきた歴史を、本人が書いた文字、描いた絵、使っていた道具、関わった人々から感じられる貴重な展示だ。

C53609481a48218771604b078b7f18e791427f9c

【開催概要】
■展覧会名
「DAVID BOWIE is」
■会期
2017年1月8日(日)~4月9日(日)
■会場
寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川2丁目6番10号)
Google Map
■公式サイト
http://www.DAVIDBOWIEis.jp
■公式 SNS

@davidbowieisjp
(TwitterFacebookInstagram)

そのほか開催中の、ボウイ展。

彼に関係する作品の発表はほかにもある。ロンドンで開催された「DAVID BOWIE is」のキュレーターが、最終日にその詳細について語った様子を収録したドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の劇場公開や、彼が初主演を務めた映画『地球に落ちてきた男』の再上映が始まった。YouTubeには、アルバム作品『★』に収録されている楽曲『No Plan』のMVが新たにアップされた。

いま開催されている写真展も合わせてチェックしてみよう。ボウイが亡くなってから1年が経ったこの機会に、彼が歩んだ変化の歴史を振り返ろう。

■「Bowie : Faces
複数の写真家による写真展
テリー・オニール
ブライアン・ダフィー
鋤田正義など

<開催場所>
・代官山 蔦屋書店

2017年1月6日(金)から2月7日(火)まで
※ミュージックフロアに展示する一部作品は1月11日から
・アクシスギャラリー・シンポジア
2017年2月10日(金)~11日(土)
・ブリッツ・ギャラリー
 2017年2月17日(金)~4月2日(日)

■「Duffy / Bowie‐Five Sessions
ブライアン・ダフィーによる写真展
<開催場所>

・ブリッツ・ギャラリー(東京・目黒)
2017年1月8日(日)~2月5日(日)

■「SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop
ボウイを70年代より撮り続けた日本人写真家・鋤田正義の写真展
<開催場所>

・キヤノンギャラリー
1月19日(木)〜3月6日(月)

Licensed material used with permission by DAVID BOWIE is
2016年1月10日、デヴィッド・ボウイ(69歳)がガンで亡くなった。彼の死を惜しむ声は多いが、その一方で彼の音楽に触れたことがない人もたくさんいるのでは...
訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をした...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
え、白黒写真じゃないの?と疑うのも無理はありませんが、コチラの動画を見て下さい!イラストレーターのHeather Rooneyさんが描いた、スーパーリアリ...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...